美人でもモテない「めんどくさい女性」急増中!? 男性が恋愛対象外にする4大行動

美人でもモテない「めんどくさい女性」急増中!? 男性が恋愛対象外にする4大行動

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2019/05/16
No image

「綺麗で性格もいいのに、なぜ彼氏ができないのだろう?」と感じる女性は多いもの。しかし、同性から素敵と思う女性が、必ずしも男性にモテるとは限りません。

とくに女性は、インスタグラムなどのSNS、愚痴、ブランド品、ファッションチェック、女子会など男性には理解しがたいものが大好き。そのため、男性によっては彼女達が日常的に行っている行動を「めんどくさい」と感じてしまうことも……。

そこで今回は、男性から嫌われないためにも「めんどくさい」と思われやすい女性の特徴についてご紹介します。女子力を磨いているはずなのに、男性からお声がかからないと悩んでいる女性は要チェックです。

愚痴や文句を話したがる

「今日、会社でこんな嫌なことがあったの」などと、愚痴を彼氏に話したがる女性は少なくありません。そもそも彼女達が愚痴や不満を話してしまうのは、自分のなかにストレスをため込みたくないからこそ。彼をストレスの捌け口とすることで、楽になろうとします。

しかし、ストレスを抱えているのは女性ばかりではありません。男性も仕事をしているのですから、少なからず日々ストレスを抱えて生活しているのです。そのため、せっかくのデートで愚痴や不満を聞かされたらうんざりされる原因にもなりかねません。

とくに男性は、女性に癒しを求めている人が多いもの。愚痴や文句は、彼を疲弊させる原因のひとつ。愛する彼と交際を長続きさせたいのであれば、決して疲弊させてはいけません。

愚痴や文句を話さないために

愚痴が溜まった時のために、気分転換できる方法をいくつか見つけておきましょう。たとえばイライラが募ったらデザートを購入する、職場で腹の立つことがあればオシャレなカフェに行くなど、あえて自分にご褒美を与えます。そしてご褒美を自分に与えることで、ストレスを解消させるのです。

ここで絶対にやってはいけないのは、同じように愚痴や不満を話す女性と一緒に女子会を開くことです。結局、愚痴からはネガティブな思いしか生まれません。日常的に愚痴を話す癖がついてしまうと、自然の流れで彼にも臆することなく話してしまうようになるでしょう。

ネガティブな同士でつるむのではなく、自分の力で解決できる方法を他に見つけることが大切です。

「なんでメールくれないの?」など要望や催促が多い

「愛する人には、四六時中自分のことを考えてほしい……」と考える女性、いますよね。彼女達は基本的に自己中なため、彼から連絡がないと相手の都合を考えずに「どうしてメールくれないの?」「他の女性と会ってたの?」と問い詰めてしまいがち。

しかし、誰だって恋人以外に大切なものはあるもの。仕事、仲間、友達、趣味……。恋愛以外にも、やらなければならないものや大切にしたいことは沢山あって当然です。誰もが、たった1人のことばかり考えて生きている訳ではないのです。

彼からの依存を克服するために

そもそも「どうして、すぐにメールくれないの?」などとあれこれ要求したくなるのは、彼に依存しているからこそ。まずは彼以外に打ち込めるような趣味を見つけたり、資格勉強をするなどしてみましょう。彼のことを考えない時間を意図的に作ることで、恋の依存から脱却することができるはずです。

写真を何でも撮りたがる

今、巷で流行しているインスタグラムのせいもあってか、ことあるごとに写真を撮りたがる女性が急増しています。とくにインスタグラムは、日常のキラキラした部分を撮影してアップすることで承認要求を満たすツール。

なかには、フォロワーから「いいね」をたくさん貰えるような素敵な写真をアップする必要があるため、納得するまで何度も撮影しようと考える女性も。

しかし、せっかちな男性によっては「早くしてよ」とイライラされる原因にもなりかねません。くれぐれも、写真撮影のやり過ぎには注意しましょう。

写真に時間をとらずにSNSで盛るコツ

どうしてもSNSで最高の写真を撮りたいのであれば、綺麗に加工できる写真アプリを数個ダウンロードしておきましょう。

とくに写真加工にオススメなのが、 可愛いアレンジができるアプリ「Collon」。フレームや背景の数も充実しており、何枚も撮影しなくとも写真を可愛く盛ることができちゃいます。デート時はとりあえず撮影だけしておき、インスタグラムにアップするのは加工してからにしましょう。

悲劇のヒロインを演じる

彼に気にかけてほしいばかりに、「私なんて……」と悲劇のヒロインを演じる女性もしばしば。彼女達が彼に求めている言葉は、ただ一つ。「そんなことないよ」と言われて、承認要求を満たしたいからこそ。しかし、あからさまな態度はかえって男性からもうんざりされてしまいがち。

最初のうちは可愛いと思われるかもしれませんが、いつまでも「可哀想な女」を演じ続けてしまうと彼から飽きられる可能性があります。悲劇のヒロインのやり過ぎには、くれぐれも注意です。

悲劇のヒロインを卒業するために必要なこと

「自分は可哀想」と思っている人ほど、自分より不幸な人に目がいってしまいがち。実は、すでに「自分が可哀想」と思っている時点で、自己愛が強いのです。そのため、自分を守るためにもっと不幸な人を見つけて幸せになろうと考えてしまいがち。

本当の意味で幸せな女性になるためには、普段から自信家で自己肯定感の強い人と共に過ごすことが大切です。彼らは、あなたが「私なんて……」とネガティブなことを言おうものなら「何でそんなことを言うの?」と不思議がります。

自己肯定感の強い人からすれば、ネガティブに自分を受け止める人の発想がそもそも理解できないからです。

自己肯定感の強い人と共に過ごすことで、きっとあなた自身も悲劇のヒロインを演じることに嫌気がさすはずです。

男性は基本的に単純で、面倒を嫌がります。そのため、男性から嫌われないためにも「めんどくさい女子」にならないことが大切です。

とくにめんどくさい女子に多いのが、自分大好きなタイプ。彼女達は自分が第一で、相手のことは二の次です。そのため、相手が不快と感じるような話題も平気でするし、遠慮することなく要望や催促をします。

しかし、どんなに美人で魅力的な女性でも、配慮がない人はやがて煙たがられます。また、男性は最後に伴侶として選ぶのは、自分を支えてくれたり、一緒にいて癒される女性です。

どんなに彼が自分に惚れているからとはいえ、ワガママを言いすぎてしまうと「めんどくさい」と思われ嫌われる原因にもなりかねません。

いつまれも彼に愛されるためにも、いつも彼の立場や状況を考えることを忘れないようにしましょう。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
10歳以上の年の差カップル急増中! 「年上彼女×年下彼氏」4大メリット
「噛んでくる彼氏」の心理
マイナビウーマン
「おじさん彼氏」はこんなにラク! 付き合うとやみつきになる5つの魅力
男性の「手放せない女性」になる方法
カレは本気?遊び?「本命彼女」への角度高めなオトコのある行動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加