アン・ソンジュ首位3打差13位「愛ちゃん好き」

アン・ソンジュ首位3打差13位「愛ちゃん好き」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/11/10
No image

17番で、フェアウェーを談笑しながら歩く鈴木(左)とアン・ソンジュ(撮影・浅見桂子)

<女子ゴルフ:伊藤園レディース>◇第1日◇9日◇千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

賞金ランクトップのアン・ソンジュ(31=韓国)は、4バーディー、1ボギーの69で回り、首位と3打差の3アンダーで13位につけた。

4バーディーで迎えた後半の13番で、この日唯一のボギーをたたいたことを悔やんだ。「12番の難しいところをうまくパーでしのいだのに、13番は第2打を右のラフからミスショットしてしまった。1つのミスから入らなくなった。チャンスが3個ぐらい来たが、入らなくて残念」と話した。

賞金女王を争う鈴木と同じ組で回ったが「結構楽しく回れた。愛ちゃんのことは好き。かわいいので。(緊張感は)私の方はなかった。私が話し掛けた感じで」と余裕の表情だった。

この大会で優勝すれば、賞金女王が決定するが「明日は晴れて、自分が好きな速いグリーンになる。今からパターの練習をしてくる」と、第2日以降に備えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「“賞金女王”と“アマチュア”くらいの差(笑)」有村智恵、アマ上野菜々子と自身の高校時代を比較
勝、プロ初勝利の美酒いただきま~す!通算13アンダーで奪首/国内女子
堀川未来夢、夢見た初Vへ“天敵”同学年の今平倒す
今平周吾VS堀川未来夢の同学年対決実現 松山英樹と石川遼の同い年にも注目【最終日展望】
名コンビ、松山英樹が進藤大典キャディとの専属契約を終了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加