天皇「退位」、御厨座長代理「両論併記でなく方向性出す」

天皇「退位」、御厨座長代理「両論併記でなく方向性出す」

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

天皇陛下の退位などを話し合う有識者会議が専門家からのヒアリングを終えました。議論のとりまとめで中心的な役割を果たす御厨貴座長代理がJNNのインタビューに応じ、有識者会議の論点整理では退位に関して賛成反対の両論併記ではなく、方向性を打ち出す考えを示しました。

「両論併記はありえない。退位に賛成か反対か、どちらも議論があるとやるんだったら、我々の会議は必要ない。だから、どちらかに傾斜した議論をおのずと目指すことになる。ある一定の方向性は出るんじゃないかと」(有識者会議 御厨 貴 座長代理)

また、憲法に天皇の地位は国民の総意に基づくと規定されていることから、とりまとめにあたっては、何よりも国民の支持を重視する考えを示しました。

「どういうふうに世論が動くかは、我々も見たい。世論と共に歩むということを、最初から言っていますから、そうしないと国民の支持は受けられない」(有識者会議 御厨 貴 座長代理)

有識者会議は年明けにも論点整理を行い、一定の方向性をとりまとめる方針です。(01日00:18)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岸田×プーチン会談 北方領土問題も協議
【報ステ】“カジノ法案”審議わずか6時間で可決
岸田外相、プーチン大統領と会談
岸田外相、プーチン大統領と会談
長時間労働との関連は?定額残業代制度とは

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加