代表戦 ピケをブーイング歓迎

代表戦 ピケをブーイング歓迎

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/13
No image

コスタリカ戦でもブーイングを受けたピケ

時間が経ってもジェラール・ピケに対するブーイングがなくなることはない。
ピケはスペイン代表としてプレーする際にはいつもブーイングを受けており、スペイン対コスタリカ戦もその例外ではなかった。

10日金曜日の公開練習ですでにピケに対するブーイングは起こっていたが、コスタリカ戦でスターティングメンバーが発表された際のものに比べると比較にならない。
背番号3のピケの名前が呼ばれた時、マラガのエスタディオス・ラ・ロザレータに詰めかけたファンはこれまで送っていた声援を大きなブーイングに変えている。また、これは試合序盤でも続けられ、ピケがボールに触るたびに繰り返されていた。

しかしながら、7分には状況が変わっている。スタンドの一部のファンがピケの名前を拍手とともに叫び始めると、この瞬間からピケへのブーイングや野次はなくなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乾貴士の2ゴールに絡む大活躍でエイバルが5発大勝!
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
モイーズ初陣は敗戦...ウエスト・ハムのファンが不満から警察に通報
サッカーW杯、スペイン代表が「分裂」する未来もあり得る
ドルトムント、規律違反のオーバメヤンがCLトッテナム戦で復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加