「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買

「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/07/14
No image

(liza5450/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大金を得るためなら、知らない人と寝てもいい。そんな安易な考えで男と会うことに同意した16歳の少女が、あまりにも恐ろしい罠にはまりかけた。

■少女が売ろうとした「初体験」

ソーシャルメディアで接触してきたある男とチャットするようになり、「約54万円で君の処女を男に売れるぜ」「そいつを俺も知っているんだ、危ない奴じゃないから大丈夫」と男にそそのかされたロシア人少女がいる。

「こんなにおいしい話はない」と思った少女は、家族にも計画を伏せ、モスクワに移動。そこで処女を売り、大金を稼ぐつもりだったという。

■人身売買の恐怖

しかしこの男にはじつは「共犯者」がおり、そちらは仲間と少女の間で話が進む一方で、少女を買うバイヤーを探していたという。

だが、間一髪のところでネット上での怪しいやり取りを警察が察知。警官のひとりが「私がその娘を買いたい」とバイヤー候補になりすまし、男たちとの接触を試みた。

■警察のおとり捜査が成功

バイヤーに扮した警官が犯人と接触し会いに行ったところ、さっそく大金の支払いを求められたとのこと。そこで警官が金を差出し相手が受け取った瞬間、人身売買を試みた容疑で男を逮捕した。

その後の調べで犯人らは「少女にお金を払う気などまるでなかった」と告白。無事だったとはいえ少女が受けたショックは大きく、警察に保護され事情を知った今は、心のケアの専門家に会い立ち直る努力をしている。

■サイトでの「出会い」に潜む危険

「処女を捧げれば大金が手に入る」と信じ、相手を疑いもせず男に会おうとしていたこの少女。

あまりにも危機感が薄い気もするが、しらべぇ編集部が出会い系サイト利用経験者の男女140名を対象に調査したところ、27.9%が「出会い系サイトで出会った異性に騙されたことがある」と答えた。

No image

犯人を批判する声も多いが、その一方で「16歳とはいえあまりにも浅はか」「学校や家庭でもネットに潜む危険性を十分教えるべき」という声も決して少なくない。

・合わせて読みたい→「生きるべき? 死ぬべき?」とSNSで聞いた少女 訪れた結末に悲鳴

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20~60代の出会い系サイト利用経験者男女140名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安倍首相率いる連立政権、過半数維持へ 参院選
「ナルト走りでエリア51に突入しよう」とジョークのつもりで呼びかけたら180万人が参加表明、米軍が警戒する事態に
ロケット花火が口の中で爆発、56歳の女性が即死 「想像するだけで恐ろしい」と恐怖の悲鳴殺到も物議に?
なぜ『赤とんぼ』の3番はNHKで放送されないのか?
美少女が惨殺された理由は妬み? 拷問し殺害した疑いで友人の少女らを逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加