スーサンドンが逃げ切りV フサイチセブン産駒初勝利/小倉新馬

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/08/15

13日、小倉競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・7頭)は、先手を取った和田竜二騎手騎乗の3番人気スーサンドン(牡2、栗東・岩元市三厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の1番人気チャームリング(牝2、栗東・五十嵐忠男厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒1(良)。

さらに3/4馬身差の3着に4番人気モンサンフィエール(牡2、栗東・飯田祐史厩舎)が入った。なお、2番人気ビーコンファイヤー(牝2、栗東・高橋康之厩舎)は7着に終わった。

勝ったスーサンドンは、父フサイチセブン、母グランジョイ、その父ダンスインザダークという血統。今年の新種牡馬である父にとっても、これが産駒のJRA初勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆スーサンドン(牡2)
騎手:和田竜二
厩舎:栗東・岩元市三
父:フサイチセブン
母:グランジョイ
母父:ダンスインザダーク
馬主:林千枝子
生産者:浦河日成牧場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「嘘ツイート」連発のバレたクロちゃんのアカウントが炎上
お湯なしでカップ麺を作るワザ 警視庁のテクニックが話題「ありだよ、あり!」
日テレがテレ東に負ける!?「24時間テレビ」の裏に強力バラエティを投入
「人肉は食べ飽きた」と男が自首した村 住民の3分の1が人肉を口に(南ア)
NMB48須藤凜々花、山本彩に結婚発表を事前に“打ち明けなかった理由”が深い 指原莉乃らも驚きと感心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加