大谷が身体検査 エ軍ソーシア監督は会見で明言「第一に投手」

大谷が身体検査 エ軍ソーシア監督は会見で明言「第一に投手」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

エンゼルス・大谷が13日(日本時間14日)、バッテリー組の集合日を迎えた。メイン球場で打撃練習、約50メートルの距離のキャッチボールで汗を流し、身体検査にも臨んだ。

No image

ソーシア監督と握手を交わす大谷(右)

マイク・ソーシア監督が会見を開き、大谷について「第一に投手として考えている。実力通りに投げられれば打撃よりもチームに影響力があるはず」と語った。二刀流の活用プランは投手から練り上げていく方針で、改めて「先発投手6人制」も明言。「翔平だけでなく他の投手たちが健康でいられる良い方法」と説明した。(テンピ・柳原 直之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カー女子銅メダル、歴史つくったリンドコーチの一喝
モーグル原大智「次は金メダル目指す」 日本勢メダル1号、北京五輪へ意欲
日本ハムD1・清宮、豪快空振り三振デビュー!「自分のスイングをしたかった」
日本ハム清宮恥ずかし転倒も本業滑らず代打で2四球
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加