出場機会のなかったデ・ロッシ、予選敗退に「悲惨な結果となった」

出場機会のなかったデ・ロッシ、予選敗退に「悲惨な結果となった」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/14
No image

ベンチから敗退を見届けたデ・ロッシ [写真]=Getty Images

イタリア代表は14日、スウェーデン代表と2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのセカンドレグを戦い、0-0とスコアレスドローに終わり、2戦合計0-1で本大会出場を60年ぶりに逃した。

ベンチから敗退を見届けたローマのMFダニエレ・デ・ロッシが試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

「悲惨な結果に終わった。酷い結果だ。このイタリア代表を大切に思っている我々のような者たちにとって、痛ましいものだ。我々ベテランもこれで終わりだ。それは以前から十分にそのような雰囲気にあった。2016年に引退する可能性もあった。素晴らしい思い出を残し、引退したい」

「これは素晴らしい思い出とはならないが、何かを残したと自分は思っている。自分はこのイタリア代表のユニフォームを愛していた。もう一つのユニフォームと同じようにだ。言葉で説明するのは難しいが、自分は、2つのユニフォームを皮膚のように身に纏っていた。そのうちの一つを脱ぎ捨てるのは、痛みを覚えるものだ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップがレスターを警戒「手強いチーム。バーディは裏を抜ける選手だし岡崎は...」
ラモス出血 前半はスコアレス
トッテナムの韓国代表FW、人種差別行為の被害に。クラブは犯人特定を求める
ベンゼマのロシアW杯フランス代表入りは? 国内世論は反対多数、元エースの復帰問題
“伝統の一戦” 注目の先発発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加