苦戦続きの森保Jで、スペイン人指導者が高評価した2人のアタッカー

苦戦続きの森保Jで、スペイン人指導者が高評価した2人のアタッカー

  • Sportiva
  • 更新日:2019/11/22

「伊東純也(ゲンク)、原口元気(ハノーファー)の両サイドは、コンビネーションを使った攻撃が乏しかった。ただ帰陣は早く、守備ではいいポジションを取って、チームに貢献していた」 スペイン人指導者のミケル・エチャリ(73歳)は、日本代表のW杯アジア2次予選キルギス戦を総括した際、そう語っている。良し悪しをはっきりとさせながら、その両面を分析できるところが、彼らしい。エチャリのスカウティング能力は高い評価

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加