キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標に “ひと目見たら分かる”

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標に “ひと目見たら分かる”

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2018/04/17

キッコーマンは4月17日、3月30日付で「しょうゆ卓上びん」が立体商標に登録されたと発表した。“持ちやすい・液だれしにくい・倒れにくい”点が特徴のびんで、デザイナーの故・榮久庵(えくあん)憲司氏が設計。1961年に世に出て以降、55年以上にわたって消費者に親しまれてきた。

現在は定番商品「キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ」の容器に使われている。

No image

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」

立体商標は、商品の外観や容器の形状を商標登録し、知的財産として保護する制度。日本は96年に導入した。

キッコーマンによると、他社が登録済みの立体商標は、立体と文字・図形を組み合わせたものが多いという。一方、同社の「しょうゆ卓上びん」は文字や図形を除く立体のみが商標登録されており、珍しいケースとしている。

同社は「容器をひと目見ただけで、“キッコーマンの卓上びん”と認識できることが公的に認められた」とコメントしている。

過去に立体のみで商標登録された例は、「コカ・コーラ」のびんや「ヤクルト」のプラスチック容器などがある。

No image

発売当時と現在の「しょうゆ卓上びん」

「しょうゆ卓上びん」はこれまで、世界100カ国に累計5億本を出荷している。海外での認知度も高く、既に米国や欧州連合(EU)でも立体商標に登録されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シュノーケリング中の悲劇が一転 夫に殺人の嫌疑
母が自殺...天涯孤独の男子生徒を教師全員で支えた、とある学校の物語
東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加