ビジネスSNS「wantedly」運営元のウォンテッドリーがマザーズ上場へ

ビジネスSNS「wantedly」運営元のウォンテッドリーがマザーズ上場へ

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/08/10
No image

ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏

求人情報サービス「Wantedly Visit」や名刺管理アプリ「Wantedly People」などHR Tech領域で複数のサービスを展開するウォンテッドリーは8月10日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は9月14日。

有価証券報告書によるとウォンテッドリーの平成27年8月期(第5期)における売上高は4億5065万円、経常損失258万円、当期純損失266万円。平成28年8月期(第6期)における売上高は8億4028万円、経常利益1億2085万円、当期純利益7780万円だ。

報告書ではユーザー数の推移についても細かく記載があり、平成29年5月末で個人ユーザー数が78万人超、企業ユーザー数が2万3000社超となっている。また登録の有無にかかわらず月間でアクセスした利用者数は150万人を超える。

株式の保有比率については、代表取締役の仲暁子氏が68.98%を保有する筆頭株主で、ついでサイバーエージェントが11.10%、個人投資家の川田尚吾氏が6.38%と続く。

ウォンテッドリーはゴールドマンサックス出身で、Facebook Japanに初期メンバーとしても参画していた仲暁子氏が2010年9月15日に立ち上げたスタートアップ。2010年2月にフューエルとして設立され、ウォンテッドに商号を変更した後現在のウォンテッドリーとなっている。これまでアーキタイプや川田尚吾氏など複数の個人投資家、サイバーエージェント、日本経済新聞社などから複数の資金調達を実施していた。

現在は冒頭でも触れた「Wantedly Visit」「Wantedly People」のほか、ビジネスチャットツール「Wantedly Chat」や社内用ツールの口コミサービス「Wantedly Tools」なども手がけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バーバリーを失った三陽商会、一斉大量閉店の危機的状況...アパレルなのに他社ブランド頼み
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか
中国人が爆買いしたタワーマンション、来年一斉に売却し始める...バブル崩壊が日本を襲う
須山歯研、ユニバーサルタイプのイヤホン「FitEar Universal」を発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加