iPhoneは10年で内側もこんなに進化した

iPhoneは10年で内側もこんなに進化した

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/10/14
No image

Bloombergが、iPhoneなどの詳細な分解レポートで知られるiFixitと製造原価推定を得意とするIHS Markitの協力を得て、iPhoneの内側がこの10年間でどう進化してきたかを振り返っています。

初代iPhoneとiPhone8、10年間での進化

2007年に発表され、世界に衝撃を与えた初代iPhoneと、現時点での最新モデルであるiPhone8の内部構造を並べたのがトップの写真です。

No image

初代iPhoneの分解画像では、黄色いビニールテープを巻かれた容量1,400mAhのバッテリーが、中心部で存在感を放っています。

本体左上の200万画素カメラにはLEDフラッシュもなく、現在の基準から見ると決して綺麗な写真が撮れるわけではありませんでした。

ARM11プロセッサはシングルコアで、クロックスピードは412MHzに抑えられ、RAMのサイズは128MB、ストレージは4GB、8GB、16GBというスペックでした。

No image

一方、4.8インチディスプレイのiPhone8は、1,812mAhの薄型バッテリーで10時間動作し、カメラは1,200万画素で、明るいレンズと画像処理技術により、iPhone8 Plusとともにカメラ専門情報サイトからも高い評価を受けています。

6コアのA11 BionicプロセッサはMacBook Pro並みのベンチマークスコアを叩き出し、2GBのRAM、ストレージ容量は64GBと256GBが用意されています。

歴代モデルの内部をじっくり比較可能

Bloombergのサイトでは、初代iPhone、iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPhone5、iPhone6、iPhone7、iPhone8の、合計8モデルの詳細な分解画像を一気に見比べられるようになっています。興味のある方はぜひご覧ください。

No image

Bloombergは、iPhone Xが発売され次第、iPhone Xの画像を追加する予定とのことです。

Source:Bloomberg,MacRumors

(hato)

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」

iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページ

iPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板

iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleが開発中の自動運転システム、車種を問わずに後付け可能か?
来年は「廉価なiPhone X」が海外向けに登場する?
MacBook、MacBook Proのキーボード、一部が反応しない問題が多発か
ティム・クックCEO「Mac miniはこれからも重要であり続ける」
【対処法あり】iOS 11にパスコード入力を回避して人のiPhoneの写真を見られるバグが見つかる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加