青木 今季15度目のマルチ安打!二塁打2本&2得点で1番の役割果たす

青木 今季15度目のマルチ安打!二塁打2本&2得点で1番の役割果たす

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇ナ・リーグ メッツ7―3ブレーブス(2017年9月16日 アトランタ)

No image

ブレーブス戦の7回に左越え二塁打を放った青木 (AP)

メッツの青木宣親外野手(35)は16日(日本時間17日)のブレーブス戦に「1番・右翼」で先発出場。3回の第2打席と7回の第4打席でそれぞれ二塁打を放ち、5打数2安打2得点と活躍した。マルチ安打は今季15度目で3日のアストロズ戦以来。シーズン打率は2割7分。

初回の第1打席は左直に倒れた青木。3回の打席はイニングの先頭打者として打席に立つと、ブレーブスの先発・ディッキーが投じる魔球ナッグルボールを捉えて右越え二塁打。続くニモの適時二塁打でホームを踏んだ。

4回の第3打席は右飛。7回の打席は再びイニングの先頭打者として打席に立ち、2番手・シムズから今度は左越え二塁打。その後、スミスの適時二塁打でこの日2得点目のホームを踏んだ。9回の第5打席は遊ゴロに倒れ、今季7度目の1試合3安打とはならず。

チームは7―3で勝利し、連敗を5で止めた。

▼青木の話 二塁打を打つのは一つのテーマ。(3回のフェンス直撃の二塁打は)あそこまで行ったら入ってほしかったけど、いい打撃だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
ダル 地区Vに気合「いい感じでプレーオフに行ける」
ド軍、ナ西地区では初V5!マエケンは移籍1年目から2年連続地区優勝
若き名手また美技 ダイビング→膝立ちダイレクト送球「ハビー・マジック」
先発2番手有力のダル自信「いい感じでプレーオフにいける」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加