斉藤由貴が渡辺麻友の母親に。「いつかこの雨がやむ日まで」共演者が発表

斉藤由貴が渡辺麻友の母親に。「いつかこの雨がやむ日まで」共演者が発表

  • TVガイド
  • 更新日:2018/07/05
No image

斉藤由貴が、フジテレビ系で8月4日からスタートする、渡辺麻友主演の連続ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に出演することが分かった。同作は、15年前の不幸な出来事によって、絶望に突き落された1人の女性を取り巻く愛と罪と狂気を描くラブサスペンス。斉藤は、ある日突然、殺人犯の妹となり、転落人生を歩んでいく北園ひかり(渡辺)の母親・由布子役。引きこもり状態で、ひかりに依存しており、殺人犯の家族の汚名を着せられ精神的に病んでしまったが、息子さえ戻れば昔の幸せな日々が戻ると盲目的に信じている。しかし、そのことがひかりのいら立ちを助長すると気付いていないという役どころだ。

渡辺とは「FNS 歌謡祭」(同系)で自身の楽曲「卒業」を一緒に歌った縁があるという斉藤は、「渡辺さんはそのリハーサルで、すっぴん、上下ジャージといういでたちでした。ガヤガヤした中で、でも何かとても静かな雰囲気をまとっていて、目が奇麗で、こういう女の子に歌ってもらえてうれしい、と感じたことを今でも鮮明に覚えています」と好印象で、「なかなか雨のやむことのない、心を閉ざし、少し壊れてしまったお母さんです。でもその中でも、渡辺さんと、歌の時のように、お芝居でもすてきな化学変化が起きるのを楽しみにしています」と期待している。

ほかに、堀井新太、吹越満、筧美和子、宮澤エマ、星野真里、桐山漣、木村祐一の出演も発表され、恋人を殺害したひかりの兄・國彦役の桐山は「妹役でもある渡辺さんとは初めましてですが、華のあるまぶしさの中にどことなく影も感じる方なので、本作での兄妹共演はとても楽しみでもあります」と喜んでいる。

さらに、ひかりとかつて“ある約束”を交わした幼なじみ・谷川和也役の堀井は「和也のひたむきな思い、力強さ、真っすぐさが、ひかりにとっての道しるべになればと思っております」、劇団「ウミヘビ」の演出家・天竺要役の吹越は「クランクインの日に、渡辺さんが1人でアカペラで静かに歌う声を聴きました。1本の傘を見つけたような気がしました。頑張ります」、和也の恋人・三上沙耶役の筧は「この夏の夜にヒヤッ、ドキッ、ゾクッとなっていただけることと思います」、天竺の娘・芽衣役の宮澤は「初めてのドラマ出演ですが、真っすぐで不器用な芽衣に少しでも共感していただけるよう、演じたいと思っています」と語っている。

また、15年前の事件の秘密を握っていそうな矢吹千尋役の星野は「私は敵? 味方? ぜひご覧ください」、事件を担当した所轄の刑事・剛田仁志役の木村は「麻友ちゃんは非常にかわいいので、あまりキツイ調べ方は控えようと思っておりますが、こればかりは私の自由にはなりません。しかしながら個人の思いとしては、麻友ちゃんに公私ともに幸せになってもらいたいです。どうかご覧ください」とアピールしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑充希と坂口健太郎「CM20社・8億円超」のスーパーカップルが結婚へ
【衝撃】はあちゅうとしみけんのデート動画をTwitterで公開 / 結婚前のラブラブなようすを暴露
【衝撃】はあちゅうと結婚したセクシー男優しみけん / 取材で嘘をついていた事が判明「はあちゅう抱いてません」
松本人志は見抜いていた!?久本雅美が結婚できない理由
井浦新、田中圭の新たな一面にざわつくファン多数...「健康で文化的な最低限度の生活」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加