パワハラ認定の栄氏が記者会見「伊調選手、田南部コーチに深くおわびしたい」

パワハラ認定の栄氏が記者会見「伊調選手、田南部コーチに深くおわびしたい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/06/14

レスリング女子で五輪4連覇した伊調馨(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメント行為が認定された日本協会の栄和人前強化本部長(57)が14日、全日本選抜選手権(駒沢)が開幕する会場で大会前に記者会見を開き、「伊調選手、田南部コーチに深くおわびしたい。今後、常に他人に敬意を持って接したい」と謝罪した。

問題発覚後初めて公の場に出た栄氏は「コミュニケーション不足がこのような事態になったと深く反省している」と頭を下げた。日体大で練習する伊調への謝罪については「これからしっかりと協会を通して会って、謝罪したいと思う。この大会期間中にタイミングが合えば」と話した。

協会はパワハラ告発を受けて外部の弁護士による第三者委員会を設置。その報告に基づき、4月6日の理事会で4件をパワハラと認定し、栄氏は強化本部長を辞任。今月9日の理事会で23日の評議員会に栄氏の常務理事解任を諮ると決めた。

No image

全日本選抜レスリング選手権大会の試合開始前、会見を行った至学館大学レスリング部・栄和人監督  =駒沢体育館(撮影・高橋朋彦)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
新日本・SSマシン“涙”の引退試合 ワカマツ復活、夫人の死去も告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加