iOS版Facebookの新機能「Protect」の本質はスパイウェア!?

iOS版Facebookの新機能「Protect」の本質はスパイウェア!?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/02/15
No image

FacebookがiOSデバイス向けに、新しいセキュリティ機能「Protect」を追加しました。しかし複数の米メディアが、この機能の本質はユーザー保護ではなく、ユーザーのデータを収集する「スパイウェア」だと指摘しています。

一部の米ユーザーにのみ追加された「Protect」

iOS向けFacebookの右下のアイコン(3本のバーが並んでいる)をタップすると、「発見」の下にいくつもの項目が表示されます。その中の「Protect」をタップすると、App Storeの「Onavo Protect – VPN Security」というアプリへと案内されます。

TechCrunchによれば、この機能は一部のアメリカのユーザーにのみ実験的に追加されており、全面的な導入ではないようです。つまり筆者は偶然にもその追加対象になったということです。また確認されているのはiOS版のみで、Android版には追加されていないようです。

Protectの項目には特に説明もないため、無料アプリ、しかもVPNということで、あまり考えずにダウンロードするユーザーもいるのではないかと思われます。

No image

Facebookの「Protect」機能

No image

Onavo Protect – VPN Securityアプリ

OnavoはFacebook専用のスパイウェア

一般にVPNアプリというと、通信内容を外部に漏らさないためのセキュリティ対策として利用するものという印象です。Facebookの「Protect」からリンクしているOnavoも、安全な接続を確保する一面を持っていますが、TechCrunchや9to5Macが指摘しているように、App Storeに掲載されている説明文をよく読むと、別の一面が浮かび上がってきます。

セキュリティ提供のため、OnavoはVPNを利用して、サーバ経由で安全なネットワーク通信の接続を確立します。このプロセスの一環として、ユーザーのモバイルデータトラフィックを収集し、Webサイト、アプリ、データの利用状況を解析することで、サービスの運用と向上に役立てています。OnavoはFacebookの一部であるため、これらの情報はFacebook製品とサービスの向上、ユーザーが製品とサービスについてどのように考えているかの調査、よりよい体験の提供のためにも利用されています。

9to5Macは、Onavoの本質は「Facebook専用のスパイウェアだ」と指摘しています。

Source:TechCrunch,9to5Mac
Photo:Pixabay
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マップアプリ対決「Appleマップ・Googleマップ・Waze」の3つで最も正確で素早く目的地に到着できるのはどれ?
無料で動きのついたデザインモックアップを作りiOS・Androidで動作確認ができる「Fluid UI」
LINEグループの作り方を押さえよう
アプデ急いで!『LINE』の旧バージョンには通信盗聴などの脆弱性が...
2/22のセール情報:スタイリッシュなカレンダーアプリ「u.Memory (Private Diary)」66%OFF
  • このエントリーをはてなブックマークに追加