住民が市内の様子を証言 モスル奪還作戦

住民が市内の様子を証言 モスル奪還作戦

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18
No image

イラク軍などは17日、過激派組織「イスラム国」のイラクでの最大拠点・モスルの奪還作戦を始めた。モスルに住んでいるという男性がNNNの取材に応じ、作戦開始後の市内の様子を証言した。

モスルを「イスラム国」から奪還する作戦には、イラク軍のほか、クルド人部隊やアメリカ主導の有志連合なども加わっていて、対「イスラム国」の作戦としては過去最大規模となる見通し。部隊はすでにモスル周辺の複数の村を制圧したという。

こうした中、今もモスルにいるという住民が17日、NNNの電話取材に応じた。

住民「昨夜は砲撃や爆撃の音が聞こえたが、モスル市内は今のところ落ち着いている。戦闘は郊外で起きている」「モスルの周辺は『イスラム国』が包囲しているので、住民は逃げることができない」「携帯電話を使っているのが見つかると、裏切り者とみなされ処刑されてしまう」

モスルやその周辺には100万人以上が住んでいるとされ、「イスラム国」は住民を人間の盾にするなどして徹底抗戦するとみられている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カストロ氏の訃報が流れた日、キューバで何があったのか?
反日政治では韓国を養えない
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
自らの“お尻”をオークションに出品した20歳女性(ニュージーランド)
犬が一緒じゃなきゃ働けない。そこで・・・退役軍人と介護犬を一緒に雇ったアメリカの企業。その対応に称賛の嵐

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加