白鵬万全!13勝全勝仕上げ 横審酷評の張り手&かち上げ封印

白鵬万全!13勝全勝仕上げ 横審酷評の張り手&かち上げ封印

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

魁聖(右)と稽古する白鵬

「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

2場所連続41度目の優勝を目指す横綱白鵬は11日、都内の友綱部屋に出稽古し、幕内魁聖、十両旭秀鵬らを相手に計13番取り、全勝で仕上げた。

横綱審議委員会(横審)から「美しくない」と酷評された張り手、かち上げは封印。左足を踏み込み左上手で速攻、右肘を固めて相手に当たるなど、改善への意図は見えた。

「とりあえずやることはやった。相手によって立ち合いは変える。ふたを開けてみないと」と、取り口を変える確約はせず。あとは本番での体の反応次第とした。

見守った師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は「(悪癖を)減らすようには言った」と指導したことを明かした。ただ「クセだから。2、3番は出るかもしれない」と、見通しを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢もう3敗...“休場危機”64年ぶり2横綱2日連続金星配給
稀勢の里3敗目、質問にも「うーん」答えままならず
貴乃花親方が貴ノ岩現状を報告 公式HPでメッセージ
白鵬、安定感なく初屈辱=大相撲初場所
坂上忍、休場の白鵬は「40回の優勝ってなんだったの?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加