【東京モーターショー2017】富士通テン、ICT活用のモビリティソリューションなど紹介予定

【東京モーターショー2017】富士通テン、ICT活用のモビリティソリューションなど紹介予定

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

ブースイメージ

もっと画像を見る
富士通テンは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

富士通テンは、「つながる車載情報機器・サービスを提供・提案するシステムメーカー」への変革を目指してビークル-ICT事業を推進。今回の東京モーターショーでは、「ICTで人とクルマをもっと近くに。」をテーマに、ICTを活用したモビリティソリューションや、安心・快適なドライブを支える先進運転支援システムなどを紹介する。

AIを活用したタクシー配車システムでは、人口統計データ、車両運行データ、気象情報、イベント情報などのビッグデータを組み合わせ、30分後のタクシー需要をAIが予測。クラウド型タクシー配車システムで収集した車両運行データを活用した需要予測の実証実験デモンストレーションを披露する。

リモートマルチアングルビジョンは、4つのカメラ映像を合成し、車両の周囲をさまざまな視点で見ることができる「マルチアングルビジョン(周辺監視)」に通信機能を搭載。車両の衝撃を検知するとスマートフォンに通知し、離れた場所でも自車の周辺状況を確認できる安心機能を映像で紹介する。

また、車載向けに薄型化を実現した超指向性スピーカーは、ナビゲーションの案内音声をドライバーだけに届けるなど、伝える相手・範囲をコントロール可能。ブースでは、モニターに映し出される映像に合わせて、立ち位置を移動することで、音の聞こえ方の変化をリアルに体験できる。

そのほか、今年で20周年を迎えたイクリプス・AVNでは、ドライブレコーダー内蔵の最新カーナビ「録ナビ」のタッチ&トライを実施する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
話題のドン・キホーテに続き、各社が参入! 4Kテレビはなぜそこまで安い?
【本日のセール情報】Amazon 在庫一掃セールが狙い目! Beat-inの完全ワイヤレスイヤフォンやタブレットスタンドがお買い得に
北朝鮮による電磁パルス攻撃から身を守る方法
あの日あの時あのコンピュータ (16) 「8ビット御三家」到来、イメージキャラもビッグ3 - 富士通「FM-7」
音量MAXのはずなのに、通話相手の声が小さいです!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加