最新ランキングをチェックしよう
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<相撲篇/葬られた「確執」>(2)「若貴絶縁」を決定づけた親方の「わかってるな」命令

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<相撲篇/葬られた「確執」>(2)「若貴絶縁」を決定づけた親方の「わかってるな」命令

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2016/10/20

 昭和63年の春場所で初土俵を踏んだ力士は95人いる。その中から3横綱1大関を含め11人の関取を輩出したため、その年デビューした力士を「花の63組」と呼ぶ。この同期会に一度も現れない人物がいる。元横綱・若乃花こと花田虎上である。元力士が言う。「お兄ちゃんはアレを気にして、金輪際、顔を見せない。若貴の絶縁は『あの一番』が原因。永遠に復縁なんてないでしょうね」 大相撲を揺るがせた歴史的スキャンダルの一

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃煌山10場所ぶりの2桁白星 千代の国との取り直しで冷静対応
照ノ富士 熱戦制し1敗死守 9場所ぶり2桁勝利&自力∨復活
稀勢の里はなぜ19年ぶりの日本「出身」横綱と言われるのか
高安 無念の初黒星も八角理事長「10連勝は立派」次戦は日馬
高安悔し1敗...ついに快進撃10で止まる 大関取りは来場所以降に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加