リーグ開幕に弾みを...小林悠「勝つことがチームを前に進ませる」

リーグ開幕に弾みを...小林悠「勝つことがチームを前に進ませる」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

2018Jリーグキックオフカンファレンスが15日、都内で行われ、J1、J2、J3の計54チームから監督と選手各1名が出席した。昨季、最終節の逆転劇でリーグ制覇を成し遂げ、悲願の初タイトルを獲得した川崎フロンターレはFW小林悠がチームを代表し、キャプテンとしてあらためて新シーズンに臨む決意を語った。

すでに10日の富士ゼロックススーパー杯・C大阪戦(2-3)、13日のACL上海上港戦(0-1)と公式戦2試合を終えている川崎F。25日のJ1開幕節・磐田戦(エコパ)の前には20日に敵地でACL蔚山現代戦(蔚山)も控え、「公式戦を3試合してから開幕戦を迎えるのはポジティブに捉えている」と、リーグ開幕戦が今季公式戦初戦となる磐田に対するアドバンテージを認める。

富士ゼロックススーパー杯、ACL初戦ともに敗れ、まさかの連敗スタートとなったJリーグ王者だが、焦りはない。「去年1年間を経験して、選手もある程度、自信が付いている。ここで落ち込むことがプラスにならないのはみんな分かっている」と力説した。

シーズンは始まったばかり。「まだまだいいときのフロンターレではない」のも確かだが、勝利に勝る良薬はない。「まずは一つ勝つこと。勝つことがチームを前に進ませる」。視線の先にあるのは20日の蔚山現代戦。敵地で勝利を挙げ、リーグ開幕に向けてギアを上げていく。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇佐美の技あり1ゴール1アシストも虚しく...チームは序盤の3点リードから大逆転負け
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
浦和エース興梠、相性抜群のFC東京戦へ開幕ダッシュ宣言 「2、3点取って勝ちたい」
引退の平山相太が仙台大に合格 コーチ就任も期待
【コラム】信念貫き“異例”のJ1クラブ加入...初昇格の長崎、ルーキー新里涼の決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加