エッチング製造装置市場の成長見込み、開発棟を新設 - TML

エッチング製造装置市場の成長見込み、開発棟を新設 - TML

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14
No image

東京エレクトロン宮城(TML)は、本社工場敷地内(宮城県黒川郡大和町テクノヒルズ1番)に建築する新開発棟の起工式を執り行ったことを発表した。同開発棟は鉄骨造りの地上1階で、建築面積は1万1700m2、延床面積は1万1700m2。着工は2017年11月、竣工は2018年9月を予定している。

同社はエッチング製造装置の開発・製造を行っており、同市場の成長性を見込み、今回の新開発棟の建設に至った。また、市場と顧客の求める製品をより迅速に提供することで、中長期における持続的成長を目指すという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バロンズ、米株相場の下落は企業の過剰債務が主因なのか
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加