小池都知事、五輪の経費削減で民間企業活用を検討

小池都知事、五輪の経費削減で民間企業活用を検討

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

東京都の小池知事は、2020年のオリンピック・パラリンピックの経費削減に向けて民間企業の活用を検討していく考えを示しました。

小池都知事:「(Q.小池さんの考えではどうすれば減らせる?)色んな民間企業に手を上げて頂いて、その力を生かすことになれば、結果として費用の削減になると思う」
先月30日、テレビ朝日の番組に出演した小池知事はこのように述べ、民間企業の力を借りて費用削減を検討していく考えを示しました。
武藤敏郎事務総長:「民間の資金を活用したり運営を民間に委託したり、そういうことを工夫したいというようなことが検討されているようだ」
また、組織委員会の武藤事務総長も先月30日に都内で会見し、最終決定が先送りされたバレーボールの「有明アリーナ」について、建設や大会後の運営で民間資金を活用することが検討されていることを明らかにしました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北方領土返還やっぱりプーチンに騙された“お坊ちゃま首相”
【報ステ】“カジノ法案”審議わずか6時間で可決
岸田×プーチン会談 北方領土問題も協議
岸田外相、プーチン大統領と会談
岸田外相、プーチン大統領と会談

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加