MY FIRST STORY、“優しき兄さん”VAMPSとのコラボでツアー幕開け

MY FIRST STORY、“優しき兄さん”VAMPSとのコラボでツアー幕開け

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/15

MY FIRST STORYがライブツアー「MY FIRST STORY "MMA" TOUR 2017」の初日公演を9月8日に東京・Zepp Tokyoにて開催した。

No image

MY FIRST STORYとVAMPSがコラボレーションする様子。(Photo by Takashi "TAKA” Konuma)

すべての写真を見る(全13枚)

初日のゲストはVAMPS。彼らはハードな「MIDNIGHT CELEBRATION」で会場をヘッドバンギンクの波を発生させたかと思えば、「BLEED FOR ME」「IN THIS HELL」といったミディアムチューンでは妖艶な歌声を惜しみなく披露していく。MCではHYDE(Vo)が「普段汗かかないんですけど、興奮してるみたいで……」とこの日の意気込みを語ったのち、「MY FIRST?」「STORY!」というコールアンドレスポンスで場内の一体感を生み出し、ラストまで一気に駆け抜けた。

No image

MY FIRST STORYはHiro(Vo)がMCで「今回のツアーでは新曲中心に過去曲も混ぜてやっていこうと思う」と話した通り、最新ミニアルバム「ALL LEAD TRACKS」の収録曲を中心にしたセットリストを展開。「REVIVER」では新曲でありながらさっそく盛大なシンガロングが発生していた。また今回のツアーについてHiroは「社交的なバンドではないので、勇気のいるツアーだった」と告白。彼は続けて、学生時代から人の輪に入るのが苦手だったと自身の過去を明かし、「武道館の次のステップとして面白いことをやりたい」と思い今回の対バンツアーに踏み切ったこと、出演者は面識がない人が多いが自身がカッコいいと思ったアーティストに声をかけていることなどを説明した。またこの日の競演相手であるVAMPSについて「こんな僕たちと仲良くしてくれる優しき兄さん」と話すと、会場からは拍手が沸き起こった。

その後もMCではメンバー同士のツッコミが飛び交うユルい雰囲気に。4人は「ひさしぶりのツアーだから」「初日だからさ」とリラックスした様子で自由なトークを展開していた。しかしライブを再開するとメンバーの表情は一変。Teru(G)、Nob(B)、Kid'z(Dr)の3人で強固なセッションをしたり、イントロや間奏でHiroが思いを叫ぶように語ったりと、エモーショナルな演奏を続けた。

No image

アンコールではHiroの呼び込みを受けて、MY FIRST STORYのツアーグッズを身にまとったVAMPSのHYDEとK.A.Z(G)がステージに。HYDEはHiroに向かって「いいバンドだね」と声をかけ、Hiroはうれしそうに笑顔を見せた。そして2組はHYDEが作曲およびプロデュースを手がけたNANA starring MIKA NAKASHIMAの「GLAMOROUS SKY」をコラボでプレイする。HYDEとHiroは肩を組んだり、向かい合ったりしながら歌唱。双方のファンを喜ばせ、ツアー初日の幕を下ろした。

なお「MY FIRST STORY "MMA" TOUR 2017」は12月23日の千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール公演まで続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
少女が映ると大歓声!選手が映ってもブーイング。アイスホッケーのスタジアムで起きた微笑ましい盛り上がり
【速レポ】<中津川ソーラー>吉川晃司、「トリになってしまって......ありがとう!」
【速レポ】<中津川ソーラー>会場には、たくさんのフリマも
澤野弘之&SUGIZO、実物大ユニコーンガンダムの下で初共演
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その1】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加