元駐日大使拘束 朴政権時代に月1000万円裏金上納か

元駐日大使拘束 朴政権時代に月1000万円裏金上納か

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/15
No image

動画を見る(元記事へ)

韓国の情報機関トップや駐日大使を歴任した李丙ギ(イ・ビョンギ)氏が14日、韓国の検察に身柄を拘束されました。

韓国の検察は、情報機関の国家情報院が朴政権時代に使い道を明らかにする必要がない「特殊活動費」を大統領府幹部らに上納していたとみて捜査しています。李氏は13日に検察に出頭して取り調べを受け、14日未明に身柄を拘束されました。連合ニュースによりますと、李氏が国家情報院長だった当時、上納金が毎月500万円から1000万円に倍増したということです。李氏は2013年から駐日大使を務め、国家情報院長の後に大統領秘書室長に抜擢(ばってき)されました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
外国ネットユーザー「どうして日本しか中国文化の影響を認めてないの?」 韓国人「・・・」=中国メディア
「こんなの初めて見た!」韓国料理の動画に海外ネットから悲鳴が上がった理由=韓国ネットは反発
人間の頭部移植、中国元衛生部長「中国は絶対に許さない」―仏メディア
「中国人にとって最も敬服すべき企業だ」と名指しされた日系企業とは=中国
哀れで不思議・中国だと豹変する韓国人女性ー抑圧からの開放感からか、本来の資質か!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加