ジャガーズ:2019年を見据えて、ほぼアルゼンチン代表の布陣に。スーパーラグビーチーム紹介

ジャガーズ:2019年を見据えて、ほぼアルゼンチン代表の布陣に。スーパーラグビーチーム紹介

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/02/15
No image

参加年:2016年
本拠地:ブエノスアイレス
ホームスタジアム:エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ
ヘッドコーチ:マリオ・レデズマ(2018年〜)

◆成績
・2016年 13位(4勝11敗)
※南アフリカグループ5位、アフリカ2カンファレンス3位
・2017年 10位(7勝8敗)
※南アフリカグループ4位、アフリカ2カンファレンス3位

スペイン語では「ハグアレス」と発音するジャガーズは、アルゼンチン代表の強化を狙って新たに創設。サンウルブズと同様に、2016年からスーパーラグビーに参入した新しいチームだ。

2016年、17年は、アルゼンチン代表のアシスタントコーチを務めるラウル・ペレスがHC(ヘッドコーチ)を務めて、そのスコッドも2017年は9割がアルゼンチン代表という布陣で臨んだ。

しかし、移動も多かったこともあり、なかなかアルゼンチン代表のような強さを見せられず、スーパーラグビー初年度は全体13位と結果を残すことができなかった。昨年は総合10位と順位を上げたものの、プレーオフには届かず2年間で勝率4割に満たなかったペレスHCが退任した。

今年はアルゼンチン代表が3位となった2007年ワールドカップのメンバーで、オーストラリア代表のFW(フォワード)コーチを務めていたマリオ・レデスマが指揮を執ることになった。

今年は新キャプテンにFL(フランカー)パブロ・マテラが就任し、FWはアルゼンチン代表キャプテンHO(フッカー)アグスティン・クレービーら仕事人揃い。

BK(バックス)も2015年のワールドカップ得点王のSO(スタンドオフ)ニコラス・サンチェス、「魔術師」の異名を取るベテランCTB(センター)ファン・マルティン・エルナンデスも健在。

さらにブランビーズでプレーしていたSH(スクラムハーフ)トマス・クベリも加入し、今年はトレーニングスコッドも含め、ほぼ代表と同じメンバーが揃った。

2019年ワールドカップを見据えて、さらにアルゼンチン代表色が濃くなったジャガーズは、今年こそ白星を重ねてプレーオフ進出を狙いたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男子スキークロスでカナダ代表が骨盤を骨折 ジャンプのあと空中でバランスを崩す
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
イヴァンカ補佐官、五輪のスノーボード競技を観戦
五輪史上初の二刀流金メダル!22歳レデツカ、スキーとスノボ競技で女王に!
小平奈緒、スケート以外にこんなすごい一面が!―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加