【中日新聞杯】ロブソン 納得の1馬身遅れ「問題ない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

土曜中京メイン「中日新聞杯」の追い切りが行われ、連勝で重賞2勝目を狙うマウントロブソンが、Wコースで石橋脩を背にバリングラ(3歳500万)と併せ馬。5F68秒5~1F13秒7(強め)を計時。2馬身追走し、ゴール前は僚馬に1馬身ほど遅れたが「相手の方がしっかりやったせいもあるので問題ない。前走後は短期放牧を挟み、いい意味で平行線」と森助手は順調さをアピール。「ハンデは仕方ないが、中京2000メートルは合うと思う」とトップハンデ克服を願った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
結婚後もラブラブの夫婦が毎日していること
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
「なぜ僕をいじめるの?」少年の涙の訴えに各界から激励が相次ぐ
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加