堀口恭司が扇久保と5年ぶり因縁対決 RIZIN

堀口恭司が扇久保と5年ぶり因縁対決 RIZIN

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/05/16
No image

7月29日のRIZIN11さいたまスーパーアリーナ大会で対戦が決まった堀口恭司(左)と扇久保博正

総合格闘技のRIZINは16日、都内の事務所で7月29日にさいたまスーパーアリーナで開催するRIZIN11大会で、堀口恭司(27)対扇久保博正(31)のカードを発表した。

2人は13年に修斗世界フェザー級選手権で対戦し、勝利した挑戦者の堀口がUFCへの階段を駆け上がった。5年ぶりの因縁の対決に堀口は「前回は勝っているが、それは全然関係なく、今回はしっかり倒したい」と話した。堀口に負け、1度は王座から陥落した扇久保は、その後奮起し、16年には史上2人目の修斗世界王座2階級制覇を達成。その後は、UFCの登竜門TUFに参戦に、勝てばUFC参戦権をつかむという決勝まで進出したが惜しくも判定負け。再び堀口と同じ舞台という野望は砕けたが、堀口のRIZIN参戦により、長年のリベンジの夢が実現した。扇久保は「これ以上ないぐらい最高のチャンス。5年前に彼に負けてから1回も忘れたことはない。しっかり(堀口を)食って、5年前の借りを返そうと思います」と話した。榊原信行実行委員長も「キックのトーナメントが9月からスタートするが、我々の本流はMMA(総合格闘技)。きちっとボクらの思いが伝わるカードが組めたと思います」と自信のコメント。また、同大会に引退カウントダウン戦としてミルコ・クロコップ(43=クロアチア)の参戦も発表された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
EXILE THE SECOND、日本柔道界とステージで共演
井上の25日世界戦、全米生中継!村田に続き2人目「ESPN」で/BOX
AJ対中邑4度目のWWE王座戦はWWE史上最も過酷なルールを中邑が選択!
競泳の古賀淳也がドーピング陽性、アジア大会出場取り消し
世界選手権金メダルの古賀 ドーピング検査で陽性反応 暫定で資格停止処分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加