(中国)上海総合指数は0.06%高でスタート、経済指標発表前に神経質

(中国)上海総合指数は0.06%高でスタート、経済指標発表前に神経質

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

19日の上海総合指数は買い先行。前日比0.06%高の3085.75ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.07%高の3085.98ptで推移している。海外株高や早期の米利上げ懸念の後退が好感され、中国本土市場にも買いが先行。また、人民元相場の下落が一服したことや、一連の景気対策が打ち出されていることも支援材料となっている。一方、本日日本時間11ごろに7-9月期の国内総生産(GDP)などの発表を控え、慎重ムードが強い。

<ZN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
ユニクロに1年潜入取材してみた!
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加