祝砲33号 ホークス・デスパイネ 来日初美酒「最高の気分」

祝砲33号 ホークス・デスパイネ 来日初美酒「最高の気分」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

デスパイネが来日初のリーグ優勝に花を添える“祝砲”を放った。5点リードの7回1死、ガルセスの146キロ真っすぐをバックスクリーンに放り込んだ。3戦連発のリーグ単独トップ33号は、優勝を決める試合にふさわしい豪快な一発。「自分だけでなく、チーム一丸となっていい打撃ができた」と声を弾ませた。

5回1死二、三塁では右前2点打も放ち、3打数2安打3打点。今季の打点もトップの柳田に1点差の97として、打撃2冠を狙える位置にいる。

ホークスの昨季のチーム本塁打数はリーグ3位の114本。ロッテでの3年間に54本塁打を放ったキューバの大砲は、補強ポイントに合致していた。デスパイネは柳田と競い合う中で破壊力を増し、本塁打、打点ともに自己最高を更新。今季のチーム本塁打は12球団トップの150本だ。

常勝軍団で初の胴上げを味わうと、ヘルメットをつま先につける本塁打後恒例のポーズでチームメートと記念撮影。「最高の気分だよ。やっと勝てた」と笑みがはじけた。

=2017/09/17付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
西武、ロッテに今季初3連敗 辻監督は「あと1歩」
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
清宮プロ表明ならば史上初の全球団1位指名はあるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加