最新ランキングをチェックしよう
「きみが心に棲みついた」最終話 今日子(吉岡里帆)の結末に「涙が止まらない」「どういう意味?」衝撃受ける視聴者続出

「きみが心に棲みついた」最終話 今日子(吉岡里帆)の結末に「涙が止まらない」「どういう意味?」衝撃受ける視聴者続出

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/03/21

【吉岡里帆/モデルプレス=3月20日】女優の吉岡里帆が主演を務めるTBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜よる10時~)の最終話が20日、放送された。吉岡演じる自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子=通称:キョドコの結末に衝撃を受ける視聴者が続出している。<※以下、ネタバレあり>(写真 : 桐谷健太、吉岡里帆、向井理(C)モデルプレス)星名(向井理)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
木村拓哉が公開処刑?『鉄腕!DASH!』出演で長瀬智也と並ぶ失態
食べ過ぎ注意! SNSで話題のレンチン餅が危険なおいしさ
松本人志、指原莉乃への「体を使って」発言にコメント「今日をもって...」
川相氏が挙げたショートの名手は誰?
山崎夕貴アナのガチ“フレディ・マーキュリー”に反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加