最新ランキングをチェックしよう
「きみが心に棲みついた」最終話 今日子(吉岡里帆)の結末に「涙が止まらない」「どういう意味?」衝撃受ける視聴者続出

「きみが心に棲みついた」最終話 今日子(吉岡里帆)の結末に「涙が止まらない」「どういう意味?」衝撃受ける視聴者続出

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/03/21

【吉岡里帆/モデルプレス=3月20日】女優の吉岡里帆が主演を務めるTBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜よる10時~)の最終話が20日、放送された。吉岡演じる自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子=通称:キョドコの結末に衝撃を受ける視聴者が続出している。<※以下、ネタバレあり>(写真 : 桐谷健太、吉岡里帆、向井理(C)モデルプレス)星名(向井理)

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
すみれ突然の「衝撃発言」に「芸能界のドン」が激怒か
松浦亜弥 4年ぶりの晴れ姿!長女入園式で見せた変化とは?
報ステ・小川アナ、放送中の「異変」 セクハラ報道直後、一瞬沈黙し首かしげ...
りゅうちぇるが子どもにキラキラネームをつけて好感度が底辺に!?「実は常識人」イメージ崩壊
「これじゃダメだな...」田村正和が俳優引退“引き際の美学”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加