ゴロフキン-アルバレスは引き分け ゴロフキン「ドラマチックのショーができなかった」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/17

プロボクシングの3団体統一世界ミドル級タイトルマッチが16日(日本時間17日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われ、WBAスーパー、WBC・IBF王者のゲンナジー・ゴロフキン(35)=カザフスタン=は、元2階級制覇のサウル・アルバレス(27)=メキシコ=と1-1の判定で引き分けた。ゴロフキンはWBAが18度目、WBCが7度目、IBFが4度目の防衛となった。

今年最大級のビッグマッチは序盤から、強打のゴロフキンがプレッシャーをかけ、アルバレスがロープに追い詰められながら反撃する展開。8回にはゴロフキンが右ストレートがヒットし、アルバレスにダメージを与えると、9回にはアルバレスが反撃。猛攻を仕掛け、左フックでゴロフキンをぐらつかせた。最終回まで激しい攻防が続いたが、ダウンシーンは1度もなく、試合が終了。ジャッジの採点は118-110でアルバレス、115-113でゴロフキン、114-114。三者三様の引き分けとなった。

試合後のリング上で、ゴロフキン「彼は経験豊富で本物のメキシカンのファイターだが、ドラマチックのショーができなかった。きょうはいまいちだった」と話すと、アルバレスは「噂ほど、すごいと思わなかった」と気色ばんだ。

注目の一戦が引き分け終わり、再戦についてゴロフキンは「もちろん戦いたい。今度は本物のファイトを見せたい」と自信を見せると、アルバレスは「人々が望むなら、もちろんやる。次は勝つ」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
那須川天心×武尊のスーパーマッチは実現困難? 専門家が語る「対戦したら7:3で...○○が勝つ!」
大仁田、論外との一騎打ち激勝 9・27で藤田和之と引退試合調印か
村田諒太が連日スパー、課題修正でエンダム戦へ対策
コバレフ ウォードの引退を歓迎「選手にタイトル戦の機会が与えられる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加