若者が喜ぶ職場の取り組み、1位は「お昼寝」

若者が喜ぶ職場の取り組み、1位は「お昼寝」

  • @人事
  • 更新日:2017/08/15
No image

社会人1年目から3年目までの若者300人を対象に「ワークスイッチコンサルティング」が実施した「理想の働き方」に関する調査によると「仕事を楽しくするために会社にあるとうれしい取り組み」は、3位が「朝食支給」、2位が「服装自由」、1位が「自由にお昼寝ができる」という結果となった。詳細は以下の通り。

「残業ゼロで成果を出すタイプ」の上司に惹かれる若者が8割

「夜遅くまで残業でバリバリ働きながら成果を出している人」と「残業ゼロで定時に帰宅しながら、成果を出している人」2タイプの上司について、「あなたが上司として憧れるのはどちらのタイプですか?」という質問を行った結果、「残業ゼロで成果を出す人」という回答が82%と圧倒的に高かった。

No image

一方で、「実際に身近にいる上司のタイプは?」という質問では「残業して成果を出す人(34%)」「残業ゼロで成果を出す人(28%)」「どちらもない(38%)」という回答結果となり、理想とする上司のタイプと実際の環境には大きな乖離が見られた。

「通勤ストレスを回避して働きたい」と考える若者が多数

「あなたが考える、理想的な通勤スタイルをお知らせください(複数回答可)」という質問では「通勤ラッシュ時間を避けて出社できる(62%)」が最も多い回答となった。また、「業務内容によっては勤務場所を自分の意志で決定できる(47%)」という回答も多いことから、オフィス以外で仕事ができる環境(テレワーク)の需要が高まっていることがうかがえる。通勤時間に関しては、8割の若者が「片道30分未満」を理想としていることが分かった。

No image

会社にあるとうれしい取り組み、1位は「お昼寝」

「仕事を楽しくするために、どのような取組が会社にあると嬉しいですか(複数回答可)」という質問では「お昼寝タイム・スペース(62%)」「服装が自由(48%)」「朝食が支給される(44%)」といった回答が上位を占める結果となった。全体として、自由で形式に縛られない働き方を希望する傾向があることがうかがえる。

No image

「職場で今使えないが利用したいアプリ」最多は「LINE」

「現在、職場で利用していないが利用したいアプリケーションやソフトがあればお知らせください」という質問では、5割を超える若者が、Line・Skype・Twitter・Instagramのいずれかを利用したいと考えていることが分かった。その中でも、LINEとSkypeは「使用したい」と答える若者が40%を超えた。

No image

「IT環境への不満が原因で離職を検討」勤続年数とともに増加

「自社のIT環境に不満がある」と回答した社会人1~3年目の若者に「IT環境への不満」を理由に離職・転職を検討したかどうか」を質問したところ、社会人1年目では14.5%、社会人2年目で27.1%、3年目では32.4%となり、勤続年数が上がるごとに、IT環境を理由に退職や転職したいと思う若者が増えていることが分かった。

No image

【調査概要】

■調査名称:「若者の理想の働き方調査」
■調査時期:2017年6月
■調査方法:インターネットリサーチ
■調査対象:社会人1年目から3年目までのオフィスワーカー
■調査エリア:東京・大阪・名古屋
■サンプル数:男女300名
※年齢22歳~29歳
※大学(4年制)卒業、大学院修了
■実査委託先:楽天リサーチ

若者の理想の働き方調査を実施 若者の8割は「残業ゼロで成果を出すタイプ」が理想の上司(PRTIMES、2017年8月9日)

【編集部より】若者の仕事への意識について、この他の記事はこちら。

牛窪恵氏に聞く、「ミレニアル世代」の若者との上手な付き合い方

日本の若者はスキルに対する自己評価が低い

世代が変われば営業スタイルも変わる!? 増加する「ゆとり営業」とは

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)
"死ぬまでSEX"に注がれる高齢者の熱視線
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
女子がアキバの童貞オタクとセックスすべき理由/優しくてお金も惜しみなく使う男子力の高さが素晴らしい
人によって差が出る"卵巣力"の素朴な疑問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加