全世界が待ち望む「シェンムーIII」は懐かしさと新しさが融合した期待作

全世界が待ち望む「シェンムーIII」は懐かしさと新しさが融合した期待作

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/09/19
No image

全世界のファンが待ち望む伝説のシリーズ最新作「シェンムーⅢ」を試遊

東京ゲームショウ2019開催中、筆者はあるゲームタイトルの試遊会に出席した。そのゲームタイトルとは、鈴木 裕氏率いるYS NETが開発した「シェンムーⅢ」。1999年に発売されて以降、国内外のゲームファンを魅了してきた名作シリーズの第3弾である。ドリームキャスト版はプレーしていなかったが、リマスター版の「シェンムーⅠ&Ⅱ」はプレー済み。本作の独特な面白さに魅了された筆者は、遅咲きではあるが、シェンムーⅢの発売を待ちわびるファンとなった。だから、今回の試遊は楽しみすぎて仕方がなかったのだ。

2015年のクラウドファンディング発表から4年経ったいま、11月19日に販売開始という段階を迎えた。国内外のファンからの出資を受けて開発されたシェンムーⅢの面白さとは何なのか。そこで今回は、シェンムーⅢのデモ版をプレーした感想を述べていきたい。

何もかもが懐かしい! シェンムーⅢには20年もの歴史がぎゅっと詰まっていた

No image

シェンムーシリーズは20年におよぶ歴史を持つアクションアドベンチャーゲーム

シェンムーシリーズは、ドリームキャスト専用ソフトとしてリリースされたアクションアドベンチャーゲーム。藍帝に父を殺された芭月 涼の復讐を壮大なスケールで描いた大河ドラマである。1999年に第1作目の「1章 横須賀」が、2001年には2作目となる「シェンムーⅡ」が発売。圧倒的な自由度、移動範囲が広いロケーション、映画並みのストーリー、完全フルボイスのNPC、時間の概念、ミニゲームなど、オープンワールドゲームの原点というべき要素が本シリーズの特長だ。

シェンムーⅢのデモ版は、前作にも登場した桂林の「白鹿村」が舞台となっている。一部のみ探索できたが、色彩豊かに描写された自然の風景に目を奪われた。製品版ではどこまで探索できるのだろう。プレー中、時間なんか気にせずに隅々まで散策したいという欲に駆られた。

No image

顔に傷のある男を探すことがデモ版のメインクエスト。シェンムーⅡにも登場した「白鹿村」を探索し、村人たちに聞き込みを開始

デモ版で課せられたメインクエストは、顔に傷がある男を探すこと。それだけのヒントを元に、村人たちに聞き込みを開始した。本シリーズにおけるフラグの立て方は、NPCにとにかく聞き込みをすること。聞き込みで重要なヒントを得るとフラグが立ち、ストーリーが進展するといった具合だ。

人との出会いが物語を生み出すという、本シリーズならではの醍醐味を再び味わうことができ、純粋に嬉しく思った。第一村人に話しかけたとき、懐かしい感情が芽生えるほどだ。シェンムーの場合、脇役も含めたすべてのNPCが主役といっても過言ではない。

No image

シェンムーシリーズの名物である「ガチャガチャ」を発見。グッズをコンプリートしたいがために、全財産をガチャガチャに投資した思い出が蘇る

ヒントを求めて白鹿村を探索していると、雑貨屋を発見。入口前に設置された「ガチャガチャ」を見つけるや否や、心の底から懐かしさが込み上げてきた。ガチャガチャもまた、シェンムーを語るうえで欠かせない魅力だからだ。グッズをコンプリートしたいがあまり、全財産をガチャガチャに投資したものだ。

雑貨屋では買い物はもちろん、一人称視点に切り替えることで、商品や家具などのオブジェクトを鑑賞することもできた。さらに、本作の新要素として、棚が開けられるようになっている。棚の中に何か重要なアイテムがあるに違いない、とゲーマーの勘が囁いたが、そこには書物や壺のオブジェクトがあるだけで、アイテムらしきものは入っていなかった。製品版では、棚を開けるとごくまれに役立つアイテムが手に入るようになっているのだろう。

聞き込みも、白鹿村も、ガチャガチャも、何もかもが懐かしい。20年の歴史を持つシェンムーらしさは、3作目となる本作でも健在だった。むしろ、懐かしさのクオリティーが上がっているように感じた。懐かしの要素を多く実装し、ファンの心に懐かしい温もりをもたらす。これぞシェンムーを愛するすべてのファンに向けた、20年ぶりのラブレターといえよう。

「薪割り」のバイトにドハマり!シンプルかつ奥深いミニゲームも魅力的

No image

「薪割り」のバイトを体験。タイミングよく斧を下ろして薪を割るだけのシンプルなゲーム性だが、慣れてくると一気に病みつきに

ついでに、「薪割り」のバイトもしてみた。薪割りは、タイミングよく斧を下ろして薪を次々と割っていくというシンプルなミニゲームだ。斧を構えている際、上半身は左右に動いているため、最初はタイミングを見計らうのに苦戦した。だが、要領を掴めば連続で薪が割れるようになった。気がつくと、ストーリーと時間を忘れて薪割りに病みつきになっていた。

このシンプルかつ奥深い面白さは、時間泥棒と言わんばかりの魔力が秘められている。1作目に出てきた「フォークリフト」のバイトをふと思い出した。

そのほか、さまざまなギャンブルができる「遊技場」や、涼のステータスを強化できる「修行」も用意。内容自体は過去作と変わらないが、相変わらず楽しくプレーできた。こういった寄り道要素もシェンムーの魅力的な要素である。実は寄り道こそがメインのゲームではないかと錯覚するほど、寄り道要素の完成度は高めであった。

腹が減っては戦はできない?! シェンムーⅢに追加された「空腹」の概念とは

No image

修行を終えると体力が少し減る。食べ物を摂取して空腹を満たそう

シェンムーⅢには、シリーズ初の要素として「空腹」の概念が取り入れられている。一定時間になると、空腹の影響で体力が少しずつ減っていく。だから定期的に「食べ物」を摂取しなければならないのだ。もちろん、走ったり修行をしたりしても体力は減る。この要素がどういった面白さを生むのかはまだ不明だが、涼の人生をシミュレートするという意味では興味深い試みであるといえる。

現代向けにリニューアルされたバトルパートが遊びやすい

No image

現代向けに遊びやすくなったバトルパート。本作では、ガードはもちろんのこと、戦闘中に回復アイテムが使えるようにもなっている。そのうえ、ボタンのみの組み合わせで技を発動できるので、アクションゲームが苦手な人でも安心だ

シェンムーシリーズは、聞き込みや探索、ミニゲームなどの「アドベンチャーパート」と、重要キャラと戦う「バトルパート」で構成されている。これまでアドベンチャーパートについて解説してきたが、最後にバトルパートを解説しよう。

シェンムーのバトルは、ボタンとコマンドを駆使して戦う格闘ゲームを採用。とはいっても、とにかくボタンを押すだけで敵を倒せるので、アクションが苦手な人でも安心だ。過去作では十字キーとボタンを入力して技を出していたが、シェンムーⅢではボタン入力のみで技が出せるようになっている。また、ガードができたり、戦闘中に回復できる新たな仕様も追加。本作のバトルパートは現代向けにリニューアルされているため、過去作以上に遊びやすくなっていると感じた。

No image

道場で修行を積めば、涼のステータスを強化できるようになる。もし強敵に苦戦したら道場に駆け込むのも手だ

ようやく顔に傷のある男と対面したが、どういうわけか試合をすることに。いざ戦ってみたものの、攻撃力が足りず、あえなく完敗となった。相手から「道場で修行してこい」と助言され、急いで集落のはずれにある道場へ向かった。道場では修行のミニゲームのほかに、NPCを相手に模擬試合ができる。何度も修行し、攻撃力と体力のレベルを強化していく。いざリベンジへと村へ戻ろうとした瞬間、試遊終了という悲しい結末を迎えてしまった。

45分の試遊を体験してみて、シェンムーⅢへの期待値が一気に高まった。11月19日から、PlayStation 4版とPC版が発売される。製品版ではどういった体験ができるのだろうか。そう考えれば考えるほど期待に胸が膨らむ一方だ。次の続報に期待したいところだ。

Original Game©SEGA ©Ys Net All rights reserved Published by Koch Media GmbH, Gewerbegebiet 1, 6604 Höfen,Austria. Deep Silver is a Division of Koch Media GmbH. Developed by Ys Net Inc. SEGA and Shenmue are either registered trademarks or trademarks of SEGA Holdings Co., Ltd. or its affiliates. Ys Net and its associated logo are trademarks of Ys Net Inc. "Deep Silver" and the Deep Silver logo are registered trademarks of Koch Media.

■関連サイト

シェンムーⅢ 公式サイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開
モバイルゲーム開発のMadboxは創業1年でダウンロード数1億超に
『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』がミュージカル化決定!感動の冒険がステージでよみがえる
【インサイド限定プレゼント】G123『ナイトメアクロノス』&『ケモニスタオンライン』のコードを公開!
スマホ版『うたわれるもの』シリーズ三部作が無料配信決定!物語・音声・楽曲を余すところなく楽しめる全編AVG仕様に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加