iPadのSafari減少傾向は誤認識、9月以降増加 - 1月タブレットブラウザシェア

iPadのSafari減少傾向は誤認識、9月以降増加 - 1月タブレットブラウザシェア

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/02/06

Net Applicationsから2020年1月のタブレットブラウザのシェアが発表された。2020年1月はChromeとSamsung Browser、Android Browserがシェアを落とし、Safariがシェアを増やした。2020年1月はiOSとiPadOSの合算値でシェアが増えている。Safariの増加はiPadOSの増加に呼応したものと見られる。

Net Applications

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加