「アナタのiPhoneをAndroidに変えませんか?」夢のiPhoneカバーを試す:週間リスキー

「アナタのiPhoneをAndroidに変えませんか?」夢のiPhoneカバーを試す:週間リスキー

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30
No image

iPhoneでAndroidが動く?

「iPhone 7」を買って「iPhone 6」が余っちゃった……でも、売らずにこのままキープしておきたいという人も多いでしょう。

ならば、今回紹介する「Androidカバー」を付けて、Androidスマホとして使ってみるのはどうでしょう? もちろん、まやかしや怪しいものではありません。これがあれば1台2役、SIMも2枚使える意外と便利なケースなのです。

iPhoneをAndroid化するケース「Mesult」

iPhone上でAndroidアプリを動かす方法というのはだいぶ前から研究されていますが、いまや格安端末が1万円で買える時代です。わざわざ面倒なことを考えるくらいなら、別途Android端末をかったほうがいいでしょう。

とはいえ、手元にiPhoneが余っていたら、それを有効利用したいもの。中国で開発されたiPhoneケース「Mesult」は、なんとiPhoneに装着するだけでiPhoneの画面上でAndroidが動いてしまうのです。

No image

iPhoneをAndroid化するケース「Mesuit」。写真はiPhone 6 Plus / 6s Plus用

Mesuitの内側を見ると、下部にLightning端子があり、そのすぐ上にnanoSIMスロットを備えます。

このnanoSIMはAndroid側で利用可能で、iPhone側の通信はすべてiPhoneに刺した元のSIMを使います。つまりこのケースそのものがAndroidとして動く、ということなのです。

No image

中国語では「機甲」の名前を持つ。iPhoneとはLightning端子で接続

今回はiPhone 6 Plus/6s Plus用を用意。iPhone 6s Plusをスライドさせて装着すればOK。あらかじめnanoSIMスロットにはSIMカードを入れておきましょう。装着が終わると、本体の下がやや出っ張った、ちょっと大きめのiPhoneとなります。

No image

iPhoneをスライドして装着

No image

装着後。ケースとしては下部のでっぱりがやや大きい

側面から見てみると、Mesuitそのものはそれほど厚みはありません。公式には5.55ミリとのことで、装着してもそれほど厚くはなりません。

一方、下部側がふくらんでいるのは、この部分にAndroidのスマートフォンの基盤そのものが入っているからです。スペックはCPUがMediaTek製のMT6753(クロック数は不明)、メモリー2GB、ストレージ16GBとのこと。

No image

側面から見ると、それほど厚みは増していない。Mesuitの背面にはバッテリーを内蔵している

また、iPhoneを装着するとBluetoothをオンにするよう求められます。これはMesuitに入れたSIMで通話を行なう際に、iPhone側のマイクとスピーカーを使うためです。

つまり、Mesuitは普通のAndroidスマホから、ディスプレーとマイク、スピーカーを外した装置と言うわけです。

No image

Bluetoothをオンにしないと通話ができない

アプリは添付されているQRコードを読み取り、専用サイトからダウンロードします。インストール後はユーザー登録が必要。そのまますぐに使えるわけではありません。

恐らく、ほかのiPhoneに入れ替えたときは、再登録が必要となるでしょう。また、登録にはWeChatアカウントが必要など、やや面倒です。インストール後は画面に「機甲」のアイコンが現れます。

No image

アプリは入れるだけではなく、登録が必要

では、アイコンをタップして起動してみます。すると、iPhoneの画面があら不思議。Androidの画面になるのです。Mesuit本体がAndroidとして動き、画面出力をiPhoneの上に行なっているというわけです。

試しにiPhoneの操作でタスクを切り替えようとしてみると、バックグラウンド側のiPhoneのアプリ画面を見ることができます。

つまり、Mesuitのアプリは、iPhoneの画面を切り替えているだけ、というわけなのです。このためAndroid画面を操作中に、ホームボタンを押してしまうとiPhoneのホーム画面が表示されます。

No image

起動するとiPhoneの画面が一瞬でAndroidに切り替わる

No image

MesuitのアプリはiPhoneアプリのひとつとして動いている

早速ブラウザーを使ってみました。アプリのタップ時の反応は若干遅く、ブラウザーのスクロール画面もサクサクに動くとはいかず、このあたりはMesuit本体のスペックの弱さがそのまま表れている格好です。

起動中のアプリの切り替えも、もたつく場合があるなど、このあたりはまだ十分なチューンがされていないのかも。なお、Google Playは入っていたものの、公式で配布されているAPKではないようで、動作しませんでした。

No image

ブラウザーを起動。スクロールなど動作は若干もたつく

No image

とはいえ、iPhone上でAndroidがそのまま動くわけだ

また、通知バーを表示するとAndroidの見慣れた画面が見える。「4G」と書いてある通りLTEにも対応している。ここにMVNOのSIMを入れてテザリングをオンにし、iPhone側からWi-Fiでつなぐ、という使い方もできるだろう。

また、通知バー中央の下矢印部分を下にスクロールさせれば、iPhoneの通知センターが表示される。

No image

通知バー回りもそのまま使える。通知センターを表示するには真ん中の部分をスライドすればよい

ほかには、カメラを起動すれば、iPhoneのカメラを通して写真を撮影することが可能です。ギャラリーからは保存した写真だけではなく、iPhone本体に入っている写真も表示できます。

No image

カメラも起動できる。iPhoneの高画質カメラをそのまま利用する

1台で2つのOSが使えるMesuitですが、Android機としての動作がやや緩慢な点が気になりました。また、バッテリーを内蔵しているものの(6用は1700mAh、6 Plus用は2500mAh)、装着時はそのバッテリーでiPhoneの充電を行なってしまいます。つまり、Mesuit内蔵バッテリーは、ケース型のモバイルバッテリーとして動作するわけです。

そのため、Mesuitを使おうと思ったらバッテリーが切れていた、なんてことも起こりえます。電池の持ちは公称7時間ですが、実際はそれよりも短くなってしまうわけです。

No image

Mesuit使用中にiPhoneに電話がかかってきても、アプリが切り替わるだけなのですぐに着信できる

価格はiPhone 6/6s用が999元(約1万6000円)、6 Plus/6s Plus用が1099元(約1万7700円)。この値段でそこそこ使えるのなら悪くありませんが、若干価格が上がってもいいのでスペックももう少し引き上げてほしいところ。

また、iPhone 7シリーズ用もぜひ出してほしいもの。Android側も十分実用的に使えるようになれば、キワモノではなくiPhoneユーザー必須のカバーになるかもしれません。

No image

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhoneで連絡先の交換ってどうやるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
Appleが写真家に贈った「iPhoneで撮影」の作品集
iPhone 6sがシャットダウンされる問題、シリアル番号からバッテリー交換対象か判定可能に
改札前で慌てない!電子マネーの残高がわかるパスケースが登場
AppleのAirPods、発売がここまで遅れた理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加