加藤未唯 激闘制し初決勝へ

加藤未唯 激闘制し初決勝へ

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/16
No image

全米オープン時の加藤未唯 : 画像提供 tennis365.net

女子テニスのジャパン ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は16日、シングルス準決勝が行われ、予選勝者で世界ランク171位の加藤未唯は同じく予選勝者のJ・フェット(クロアチア)との激闘を4-6, 7-6 (7-1), 6-4の逆転で制し、ツアー初の決勝進出を果たした。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

この日、第1ゲームからフェットにブレークを許した加藤だったが、続く第2ゲームでブレークバックに成功。その後も激しいラリー戦を展開し接戦を繰り広げたが、最後はフェットにサービスエースを決められて第1セットを落とす。

続く第2セットでは、ギアを上げたフェットに押されてゲームカウント1−4まで追い込まれるも、そこから反撃を開始した加藤は4ゲームを連取して振り出しに戻し、タイブレークへ突入。先にミニブレークに成功した加藤が引き離し、ファイナルセットへ持ちこむ。

その後、ファイナルセットでは加藤は持ち前のフットワークで粘りを見せ、2度のブレークに成功し、勝利を手にした。

決勝では、予選勝者のZ・ディアス(カザフスタン)と対戦する。

22歳の加藤は今大会、予選3試合を勝ち抜いて本戦入り。1回戦で世界ランク71位の日比野菜緒、2回戦で第4シードのKr・プリスコバ(チェコ共和国)、準々決勝で同67位のA・クルニッツ(セルビア)に勝利し、1セットも落とすことなく準決勝へ駒を進めていた。

今シーズンは、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で予選を突破し四大大会初の本戦に出場。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では惜しくも予選決勝で敗れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界女王の奥原が準決勝進出、バドミントン・ジャパンOP
ムグルッサ、ウォズニアッキら4強が出揃う [東レPPO]
二宮真琴/ボラコバはガブリロワ/カサキナに競り負け決勝進出ならず [東レPPO]
2013年覇者のジャン・シューアイとクルニッチが決勝進出 [広州国際女子オープン]
欧州チームが初日リード、ダブルス出場のナダルは惜敗 レーバー杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加