おきて破りの「ペニス博物館」、標本数は世界最大 アイスランド

おきて破りの「ペニス博物館」、標本数は世界最大 アイスランド

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/30
No image

アイスランドの首都レイキャビクにある「アイスランドペニス博物館」(2016年10月27日撮影)。

【AFP】アイスランドの首都レイキャビクにある世界最大の「ペニス」コレクションを展示する「アイスランドペニス博物館」では、サイズは問題にならない。同館には、数百種の動物から慎重に集められた標本が展示されている。

館内の照明に照らされた大きな部屋には、クジラ、クマ、アシカ、ネコ、ネズミをはじめとする膨大な数の哺乳類から集められた、ありとあらゆる形、大きさのペニスやそれに類する器官が展示されている。館内は静まり返っているが、ときおり来場者の忍び笑いが漏れる。

同館にはペニスの形をしたパスタやデザイナーが手掛けたコンドーム、手編みのペニスウオーマーなどを販売する売店もある。

素晴らしい景色で知られる島国アイスランドにある同館に対する関心は年々高まっており、2011年の来場者は1万2000人となった。来場者の大半は外国人で、6割以上が女性だという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イタリアで国民投票オーストリアで大統領選
否決なら首相辞任か 伊で憲法改正めぐる国民投票
イタリア・オーストリアで注目の投票進む
極右政党候補者が自信 オーストリア大統領選挙
墜落事故 悲惨な生存者の現状

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加