野党6党派、選択的夫婦別姓法案を共同提出 野田聖子総務相は距離置く姿勢

野党6党派、選択的夫婦別姓法案を共同提出 野田聖子総務相は距離置く姿勢

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/06/14

立憲民主、国民民主、共産、自由、社民各党と衆院会派「無所属の会」は14日、選択的夫婦別姓を認める民法改正案を衆院に共同提出した。

別姓の夫婦に生まれた子供については、出生時に父母が協議して姓を決める。法施行後2年間に限り、すでに結婚している夫婦でも婚姻前の姓に戻すことができる経過措置を設ける。

法案提出後の記者会見で立憲民主党の山尾志桜里衆院議員は「自民党が腹を固めれば成立する。協力してもらいたい」と強調した。

自民党内では、野田聖子総務相らが選択的夫婦別姓導入に前向きだが、法案への理解は広がりに欠ける。 野田氏は周囲に「成立させるには政府や与党が出すべき法案だ。野党が出す法案ではない」と語っており、一線を画す構えだ。野田氏は9月の党総裁選への出馬を目指すと公言しており、野党提出法案に賛同すれば党内の反発を呼び、推薦人確保に影響が出かねないとの判断があるとみられる。

ただ、野田氏にとって夫婦別姓導入はライフワークで、総裁選に向け党内の論議を活性化したいと話しており、7月にも出版する政策集に盛り込む方針だ。

No image

選択的夫婦別姓法案を衆院事務総長へ提出に向かう立憲民主党・山尾志桜里氏ら野党6党派の議員=14日午前、国会内(春名中撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自民・小泉進次郎氏「政策」で存在感 総裁選の「リトマス試験紙」の側面も
【平成30年史 政界再編(3)】細川政権263日で退陣...「小沢一郎氏VS武村正義氏」今なお残る怨念 税率7%の腰だめ発言、細川護煕氏「これはまずい」
足立康史衆院議員による是枝裕和監督『万引き家族』と科研費バッシングへの対応の圧倒的な正しさ
総理「人命第一、政府一丸で対応」 大阪震度6弱
【平成30年史 政界再編・インタビュー】細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加