エディ・ゲレロ “情熱のラティーノ”はちいさな名優――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第98話>

エディ・ゲレロ “情熱のラティーノ”はちいさな名優――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第98話>

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2018/06/14
No image

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座レジェンド100』第98話は「エディ・ゲレロ “情熱のラティーノ”はちいさな名優」の巻(Illustration By Toshiki Urushidate)

すべてのオッズをはね返してスーパースターの座を手に入れた“ちいさな巨人”である。

キャッチフレーズは“ライ・チート・アンド・スティールLie,Cheat,and Steal(ウソあり、ズルあり、盗みもあり)”。

ちょっとくらいウソをついても、ズルをしても、盗みをはたらくことがあっても、なぜかみんなに愛されてしまうエディのキャラクターをストレートに表現した一種のおまじないのようなものだった。

エディ・エゲロは由緒正しいレスリング・ファミリーの生まれで、父サルバドーレ“ゴリー”ゲレロSalvador“Gori”Guerreroは1930年代から1950年代までメキシコとアメリカで活躍し、ミドル級、ウェルター級、ライトヘビー級の世界王座軽量級3階級を制覇した名レスラーだった。

エディの3人の兄チャボChanvo、マンドーMando、ヘクターHectorも1970年代から1980年代にかけて活躍したプロレスラーで、末っ子のエディは1987年に19歳でデビューした。

父ゴリーは現役時代、“聖人”エル・サントとのコンビ、ロス・パレアス・アトミコス(ザ・アトミック・ペア)として活躍。エディも新人時代、AAAで“聖人二世”エル・イホ・デル・サントとのコンビ、ロス・ヌエボス・パレアス・アトミコスを結成したが、サントを裏切ってルード(悪役)に転向した。

WCWとWWEで活躍し、現在は新団体ルチャ・アンダーグラウンドLucha Undergroundでプロデューサーをつとめているチャボ・ゲレロは先代チャボの息子でエディの甥にあたるが、ふたりは3歳しかトシが離れていなかった。

デビュー当時、体重が175ポンド(約79キロ)しかなかったエディは、家族からもプロモーターからも「その体では大成しない」と警告を受けた。

EMLLではマスクマンのマスカラ・マヒカを名乗ったが、AAA移籍後はみずからマスクを脱いで“偉大なるゴリーの息子”としての正体を明かした。

1992年に“ラブ・マシーン”アート・バーArt Barrとのコンビ、ロス・グリンゴス・ロコスとして売り出したが、相棒バーはドラッグ中毒で急死(1994年11月23日)。

その後、AAAでの活躍が新日本プロレスの目に止まり、獣神サンダー・ライガーのライバルとして“二代目”ブラック・タイガーに変身した(1994年9月)。

エディは新日本プロレスで“ジュニアヘビー級”のクリス・ベンワー、ディーン・マレンコDean Malenko(現WWEエージェント)と出逢い、3人は日本での年間スケジュールを消化しながら、アメリカ国内ではECWに合流した。

アメリカのマニアのあいだでひそかに流通していた海賊版ジャパニーズ・ビデオの登場人物をECWにブッキングしたのはもちろんポール・ヘイメンだった。

ECWの主役クラスになったとたん、WCWからヘッドハンティングされた(1995年)。WCWには約4年間在籍したが、この3人にペリー・サタンPerry Saturnを加えた新ユニット、ザ・ラディカルズはフロントとの対立から2000年1月にWWEに電撃移籍を果たした。エディはこの時点でWCWの内部崩壊を“予言”していた。

WWEはエディがありのままの自分を表現できる空間だった。スーパーヘビー級が標準サイズのリングでは、体がちいさいことはハンディキャップではなくて、むしろチャームポイントになった。

ビッグショーBig Showのような巨人タイプと試合をするときは“ズルあり、ウソあり、盗みもあり”の哲学が役に立った。

スペイン語なまりのストリート英語をしゃべるエディが画面に映っているだけで毎週木曜(当時)の“スマックダウン”の瞬間視聴率(15分ごとのクォーターアワー計算)が数パーセントずつハネ上がった。ビンス・マクマホンはこういうデータには敏感に反応した。

身長5フィート7インチ(約170センチ)、体重210ポンド(約95キロ)のエディは、“怪物”ブロック・レスナーBrock Lesnarを下してWWE世界ヘビー級王者になった(2004年2月15日=サンフランシスコ、PPV“ノー・ウェイ・アウト”)。

“情熱のラティーノLatino Heat”は、観客のハートをくすぐる等身大の名優の道を歩んだ。

いきなり“時間切れ”のゴングが鳴ってしまったのだろう。1年のうちの200日以上をずっとそうして過ごしてきたように、エディはその日もホテルのベッドで朝を迎え、だれにも会うことなくたった独りで地上から去っていった。

エディはフロントからの午前7時のモーニングコールに出なかった。いっしょに朝食を食べる約束をしていたチャボが部屋に電話を入れたが応答がなかったため、部屋のドアをノックしに行った。

それでも返事がなかったため、チャボはホテルのセキュリティーを呼んで部屋のカギを開けてもらった。もうそこにはいないエディは、ベッドの上ではなく、バスルームに倒れていたという。

エディの過去の薬物依存、アルコール依存については、その自叙伝『チーティング・デス・スティーリング・ライフCheating Death Stealing Life(死をダマし、生を盗んで)』にくわしく記されている。

死のカウントを2・9でハネ返したエディは、身も心もジーザス・クライストに捧げてボーン・アゲイン・クリスチャンになった。スーツケースのなかにはいつも聖書が入っていて、落ち込んでいる仲間がいるとドレッシングルームの端っこでバイブルの一節を読んで聞かせるようになった。

プロレスファンからもレスラー仲間からもとことん愛されたエディは、ほかのみんなよりも早く神様から呼ばれてしまったのだった――。

●PROFILE:エディ・ゲレロEddie Guerrero
1967年10月9日、テキサス州エルパソ出身。本名エドアルド・ゴリー・ゲレロ・ルレーンズ。1987年、メキシコでデビュー。1992年4月、初来日(新日本プロレス)。1994年、二代目ブラック・タイガーに変身。元IWGPジュニアヘビー級王者。ECW、WCWに在籍後、2000年1月にWWEに移籍。得意技はトップロープからのフロッグ・スプラッシュ。元WWE世界ヘビー級王者。元WWE世界タッグ王者。2005年11月13日、滞在先のミネアポリスのホテルで死去。死因は心臓発作。享年38。

※文中敬称略
※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
新日本・SSマシン“涙”の引退試合 ワカマツ復活、夫人の死去も告白
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加