最新ランキングをチェックしよう
フェイスブックから強制削除された子犬の画像。その理由はあまりにも何かに似すぎていたためだった。

フェイスブックから強制削除された子犬の画像。その理由はあまりにも何かに似すぎていたためだった。

  • カラパイア
  • 更新日:2018/05/21

生まれたばかりの子犬の写真をフェイスブックに投稿したところ、不適切な写真だとして削除された少年がいる。
 フィリピン・ダバオに住むドミニクくん(16歳)は、地元の動物好きの人々が集まるフェイスブック・グループに生後3日の子犬の写真をいくつか投稿した。
 それから数分後、なぜかそれら写真がFacebookグループページの利用規約にそぐわないとしてブロックされたという通知を受け取った。
 ドミニクくん

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
haruの恋占い 7月のあなたの物語(3月生まれ)
haruの恋占い 7月のあなたの物語(12月生まれ)
もう憧れじゃない!こんなにあった普通二輪免許で乗れる輸入車バイク10選
もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
haruの恋占い 7月のあなたの物語(7月生まれ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加