2報:パプアニューギニアでM7.7 高さ0.3〜1mの津波のおそれ 米当局が予測

2報:パプアニューギニアでM7.7 高さ0.3〜1mの津波のおそれ 米当局が予測

  • ハザードラボ
  • 更新日:2019/05/15
No image

パプアニューギニアでM7.7(USGS)

パプアニューギニアで14日午後10時ごろに発生した推定マグニチュード(M)7.7の地震について、米ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)は、パプアニューギニア周辺の沿岸地域では最大1メートルの高さの津波が予想されると津波警報を発表した。

この地震は日本時間14日午後9時58分、パプアニューギニアのニューブリテン島北部を震源とするもので、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.5〜7.7と推定される。

PTWCによると、パプアニューギニア沿岸では高さ1メートルに達する津波が予測されるほか、日本や台湾、グアム、フィリピン、パラオ、ニューカレドニア、バヌアツなどの沿岸でも30センチ程度の津波の可能性があるという。日本への影響については、気象庁が15日午前0時現在、詳しい分析を急いでいる。

ニューギニア島のパプアニューギニアでは、今月7日にもM7.1の地震があったばかりだが、このときの震源の深さは140キロとかなり深かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
河野外相が謎の「ベーコン」ツイート、ネットで話題に
モンサント違法情報収集問題、EU7か国でリスト入手 バイエル発表
ジョニー・デップが元妻を非難、DV“被害”も訴え
有名シェフ、J・オリバー氏の店破綻 英国内レストラン閉鎖
下半身裸に座布団...刺殺された14歳少女、ひた隠しにした“用事”とは?【未解決事件ファイル】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加