波乱ナダル 143位に敗れる

波乱ナダル 143位に敗れる

  • tennis365
  • 更新日:2017/08/15
No image

3回戦で敗れたナダル : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は10日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク143位のD・シャポバロフ(カナダ)に6-3, 4-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れる波乱に見舞われ、ベスト8進出とはならなかった。

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したナダルは、この日のファイナルセットで6度のブレークチャンスを握ったが活かすことが出来なかった。最後は18歳のシャポバロフにフォアハンドのウィナーを決められ、2時間45分で力尽きた。

ナダルを破る大金星をあげたシャポバロフは、準々決勝で世界ランク42位のA・マナリノ(フランス)と対戦する。マナリノは3回戦で同56位のチョン・ヒョン(韓国)を下しての勝ち上がり。

同日の第2シードのR・フェデラー(スイス)と第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)がベスト8進出。第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は敗れた。

また、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第5シードの錦織圭、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第8シードのJW・ツォンガ(フランス)は初戦の2回戦で敗退している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テニス関係者も「早く別れて!」 錦織圭の“交際相手”観月あこに悪評噴出のワケとは
杉田8強快進撃止まらず ハチャノフに逆転勝ち
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
錦織圭がシーズン残り試合を断念、サービス練習中に手首にはじけるような音
錦織圭に関係者、日本で「治療も含め手術の可能性」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加