アドレナリン出た日本ハム新外国人投手/今日の一番

アドレナリン出た日本ハム新外国人投手/今日の一番

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

初めて打撃投手を務めた日本ハムのトンキン(撮影・木下大輔)

<今日の一番>

日本ハムが14日(日本時間15日)、米アリゾナでの1次キャンプを打ち上げた。最終日に期待の新外国人投手2人が初めて打撃投手を務めた。まずは中継ぎ、抑え候補のマイケル・トンキン投手(28=ツインズ)が登板。森山、谷口という左打者2人に計30球を投げて安打性は2本のみ。投げる球種も予告しながら空振りも奪うなど実力の一端を見せた。「いい感じ。最初としては良かった」。

先発候補のニック・マルティネス投手(27=レンジャーズ)も登板。杉谷、西川と対戦。杉谷は直球系の動きの大きさに「めっちゃカットする」と、カットボールの変化量に驚きの声を上げた。西川もバットが折られるなど上々の内容。「いいアドレナリンが出た」とマルティネス。ともに実戦初登板は帰国後に予定されている。現地でのキャンプ最終日に一番輝いた新助っ人への期待度が、いっそう高まった。【日本ハム担当 木下大輔】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
清宮また試練...急性胃腸炎で練習早退 24日デビュー絶望的
カープ塹江、異例の連投で3人斬り まだ2月なのに...生き残り猛アピール
ヤクルト小川監督が「村田修一の獲得を見送ったわけ」を論理的に話す
日南に負けない! 沖縄市でも36年の歴史、広島2次キャンプも熱い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加