オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」を持って早朝の鞆の浦で猫に出会う

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」を持って早朝の鞆の浦で猫に出会う

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/08/25

夏の猫は早朝が勝負!

No image

ぴょこんと塀に乗ったキジトラ。こうみえて母さん猫で、最近子供を産んだそうな。痩せてるのはそのせいかも。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

にゃつ猫シリーズ、まだ続くのである。先日、広島県の鞆の浦に行ってきたのである。それも8月14日。翌日、台風接近により新幹線が計画運休することになってめちゃバタバタしたんだけれども、なんとか台風が来る直前に鞆猫散歩することができたので、2回にわけてご報告の夏休みシリーズである。

今は観光スポットとして、あるいは様々な作品の舞台として有名だったりする鞆の浦なのだけど、観光エリアからちょっとはずれると、江戸時代から(下手したらもっと昔から)変わってないであろう狭い道が縦横無尽にくねくねと通っている古い街で、その隙間隙間から猫が顔を出したり引っ込めたりしてくれるのである。海辺の田舎町なのだから、猫が似合わないわけがない。

早朝、台風が来る前に、さらに気温が上がる前にと朝5時半すぎに家を出て散歩をはじめると、ちょっとした高台に貫禄あるハチワレの姿が。山と海の間の狭い低地と斜面に家が建っているので、ちょっとした高低差がたくさんあるのだ。高低差好きにはたまらない場所。

撮ってたら、ちょうど朝日が逆光で入る場所に移動してくれたのでそれに狙いをつけて逆光で。せっかく日の出直後の早朝なのだから早朝っぽい光で撮りたいなというのがあり。猫の後ろがオレンジ色に光っているのは朝日。背景の朝日が白トビしないようちょっと露出アンダー目で撮って、シャドウ部は後処理で持ち上げた次第。

No image

朝日をバックに夏の早朝ハチワレ。貫禄のある顔と身体である。裏のおうちの飼い猫らしい。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

ちょいと坂を下って海に向かうと、小さくて古い漁港がある。たぶんお盆だからだろう(台風接近で海が荒れてるせいかもしれない)、漁に出ている船はおらず、暇そうにしてる近所のおっちゃんたちが座って世間話してる。朝6時から。そのおっちゃんたちに挨拶してふと横をみると、興味深そうにこちらへ寄ってくる猫が。

早朝っぽさを出すべく、長い影がおさまるような構図にして、ちょっと陽射しの赤みを残してみた。ちょっと痩せてるけど、きりっとしたよいキジトラハチワレ。まだ若そう。

No image

朝日によるすーっと伸びた影がカッコよかったので影が入る構図で狙ってみた。近づいてみたものの「あれ? 知らないヤツだ」と足を止めたとこ。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

首輪をしてたので近所の飼い猫だろう。一緒に遊んでた白い子猫は、コンクリートの上にたまってる砂を掘っていた。奥に座ってるおっちゃんたちの足が見える。

No image

猫はあっち向いてるけど、海っぽい背景のカットを入れたくて。奥におっちゃんたちが暇そうにたむろってました。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

気温が上昇しても、日陰を除けばそこには猫が!

だがしかし、よく晴れた真夏の朝、猫が太陽の下に顔を出してくれるのは午前6時過ぎまでなのだった。ここからどんどん気温があがり蒸し暑くなり、このあと出会った猫はもうみんな日陰ラヴ。狭い路地だらけなので日陰には困らないのだ。公道なのか私道なのか地元民以外には判別不能な道だらけなのである。

そんなとこで見つけた猫。目が合ったら、ととととと海の方へ小走りで去っていき、階段を上って振り返ったところで望遠で撮影。背景に海がちょろっと見えてるのがポイント。

No image

海を背景に、不審そうに振り返った瞬間を狙ってみた。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

午前7時すぎると田舎の港町の猫もこんなである。港の奥にある稲荷神社へ参拝に向かう途中、その手前に止められた車の下でつぶれてる猫を発見。真夏ならではのいさぎよいつぶれっぷりだ。

No image

まさににゃつバテ猫。もう顎から尻尾の先まで地面にくっつけてつぶれてる。そのつぶれっぷりが日本の夏だ。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

午前8時を過ぎると、もう散歩もつらいくらいの暑さで、普段は観光客が多いエリアも人はまばらで静かである。そんな観光エリアに近い狭い路地。ふと通り過ぎそうになって違和感に気づいた。道路の真ん中に、巨大なナマコみたいなのが転がってる!

No image

道路にあやしい物体が。耳のとんがりがなかったら猫にはみえません。わざわざ道路の上でつぶれなくてもって感じ。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

いやあ、もうめちゃあやしいわ。耳が見えてなければ単なる巨大ナマコだもの。それもちゃんと日陰にはいってるから気づきにくいし。うまいこと隠れたもんである……と思いきや、当人は隠れる気はなかったらしい。にゃつバテのへちゃれっぷりを堪能しようとちょっと近づいたらむくりと起きて、こっちにとことこと走ってくるではないか。

No image

突然むくりと起き上がったサビネコ。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

No image

こっちに駆け寄ってくるのだった。ちょろっと見えてる舌がカワイイ。2019年8月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

陽射しにもめげず。舌をちょろっと出して走ってくるのでこちらもしゃがんで待ち構えていると、いきなりぶつかってきてスリスリしはじめるではないか。あまりに人なつこいので、カメラをiPhoneに持ちかえて至近距離撮影。こういうときスマホはめちゃ便利なのだった。

No image

わたしのすぐ横にぴったりくっついてくるので右手で撫でつつ左手で撮影の図。右に見えている肌色がわたしの腕です。2019年8月 アップル iPhone XS

このサビネコ、名前は「きなこ」という。猫の世話をしてるおばさまがちょうどやってきたので教えてもらったのだ。「元は野良猫だったんだけど、いつのまにか看板猫になっちゃったので、今はちゃんと世話をしてるんですよ」だそうな。人なつこいよい猫でありました。朝猫散歩の最後は植木鉢の脇で涼んでた猫。

No image

警戒してとことこと向こうへ逃げていき、でもわたしもそっちへ向かう最中だったので、はからずも追いかける形になっちゃって、最後はぴょこんと塀に飛び乗ってお庭に入っていったのでした(冒頭写真)。

さて、夏休みの鞆の浦猫スペシャル、次回も続きます。

■Amazon.co.jpで購入

古地図とめぐる東京歴史探訪 (SB新書)荻窪 圭(著)SBクリエイティブ

デジタル一眼レフカメラが上手くなる本 基本とシーン別の撮り方60上原 ゼンジ、桃井 一至、荻窪 圭(著)翔泳社

古地図でめぐる 今昔 東京さんぽガイド荻窪 圭(著)玄光社

筆者紹介─荻窪圭

No image

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)(宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログはhttp://ogikubokei.blogspot.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
酔った勢いで調子に乗って... 猫のぐっぴーが多義語を解説
ライオンの赤ちゃんが脱走する動画が話題に「逃げろー可愛さでやられるぞー」
生きているぬいぐるみ爆誕の瞬間。ふわふわポメラニアンのヘアカット、ビフォー・アフターを観た海外の反応
ダイエットでご飯を抜かれ、絶望した太った犬の思いもよらぬ主張が可愛すぎると話題に!
この猫、どうやってバランスとってるの...奇妙な寝相(動画)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加