最新ランキングをチェックしよう
シベリアで巨大な犬の首が発掘される。3万年前のもの

シベリアで巨大な犬の首が発掘される。3万年前のもの

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/06/24

頭部しか残らなかった理由は何だろう?シベリアの永久凍土から、更新期のオオカミの頭部が採取されました。状態がよく脳も残っているため、オオカミの進化の歴史や飼い犬の起源に関する重要な遺伝情報を得られるだろうと期待されています。この頭部を最初に発見したのは、シベリアのヤクーシア北部にあるアビスキー地域の地元住民で、シベリア・タイムス紙によると、2018年夏に永久凍土の融解中に発見したのだそうです。「この

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[福岡・糸島市]「糸島サイエンス・ヴィレッジ」を推進
幻想的で美しいミクロの世界を顕微鏡で捉えた「Nikon’s Small World 2019」写真部門受賞作品が発表
土星の衛星「エンケラドゥス」で新たな有機化合物が検出され地球外生命の可能性にさらなる光
太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場
世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加