日航機墜落事故から32年 慰霊登山に97家族359人

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇日航機墜落事故から32年

乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年となり、遺族や関係者が墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山し、犠牲者を悼んだ。遺族にとって三十三回忌の節目の年。

墜落現場の「御巣鷹の尾根」の麓にある群馬県上野村の「慰霊の園」で追悼慰霊式が営まれた。遺族らが墜落時刻の午後6時56分に合わせて黙とう、故人を悼むとともに空の安全を祈った。日航幹部らも含め、260人が参列。犠牲者の数と同じ520本のろうそくに火がともされた。

日航によると、この日、尾根に慰霊登山した遺族は過去3番目に多い97家族359人だった。過去最多は事故発生30年の2015年8月12日で406人。

父の南慎二郎さん=当時(54)=を亡くした川崎市の事務職員内野理佐子さん(57)は「父の遺体はまだ見つかっていない。慰霊の園には身元不明の遺体が埋葬されているので、慰霊登山とは違う気持ちで参加している」と語った。

式典に先立ち、御巣鷹の尾根の「昇魂之碑」に献花した日航の植木義晴社長(64)は報道陣に「来るたびに当時の記憶がよみがえってくる。安全への誓いを新たに、さらに強固なものにしていく」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
63億円「地面師事件」警察が追う「成りすまし女」の新写真を入手!
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
埼玉・狭山市で女王ヒアリ 中国から船便の荷物で
埼玉で初、ヒアリ見つかる
積み荷のセメント路上に流出 駅前でミキサー車横転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加