ミラ・ジョヴォヴィッチ、新作アクションスリラーで女暗殺者に

ミラ・ジョヴォヴィッチ、新作アクションスリラーで女暗殺者に

  • クランクイン!
  • 更新日:2018/02/14
No image

アクションスリラー『Hummingbird(原題)』で女暗殺者を演じるミラ・ジョヴォヴィッチ (C)AFLO<画像を拡大する>

映画『バイオハザード』シリーズのアリス役で知られる女優ミラ・ジョヴォヴィッチが、スウェーデン出身のマーカス・クライラー(Marcus Kryler)とフレドリク・アケルストロム(Fredrik Akerstrom)がメガホンを取るアクションスリラー『Hummingbird(原題)』で主演を務めるという。The Hollywood Reporterが伝えた。

【写真】「ミラ・ジョヴォヴィッチ」フォトギャラリー

映画『Hummingbird(原題)』は、主人公の女暗殺者が直近の標的との関わりから、自分が本当は何者なのかを知るというストーリーとのことだ。映画化されていない優れた脚本リスト「ザ・ブラックリスト」の2016年版に入った作品で、ジョン・マクレインが執筆。ミラの夫で『バイオハザード』シリーズの映画監督ポール・W ・S・アンダーソンが、脚本を改稿する予定。

本作の主役は当初、映画『アバター』の女優ゾーイ・サルダナに決まっていたが、ゾーイが『アバター』続編の撮影に入るため降板。その後、映画『X‐MEN:アポカリプス』の女優オリヴィア・マンが後任に決まったが、ミラはそのオリヴィアに取って代わる。

ミラはその他、ロブ・ライナー監督の『Shock and Awe(原題)』、ジェームズ・フランコが映画『サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』のブルース・ティエリー・チャンと共にメガホンを取ったSF『Future World(原題)』、人気シリーズ『ヘルボーイ』のリブート版が待機中だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北野武とイーストウッドの共通点とは?「15時17分、パリ行き」を水道橋博士が語る
2月17日の注目映画第1位は『グレイテスト・ショーマン』
60年目「おかあさんといっしょ」まさかの映画化
“娼夫”松坂桃李を求める「今すぐしたいな...」『娼年』女性キャスト解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加