フェラーリ 488 に高性能モデル設定へ、ティザーイメージ

フェラーリ 488 に高性能モデル設定へ、ティザーイメージ

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/14
No image

フェラーリ 488 の高性能モデルのティザーイメージ

もっと画像を見る
フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開した。

この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となるもよう。

2013年に発表された458スペチアーレは、458イタリアの軽量高性能モデル。ミッドシップに積まれる直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンには、燃焼効率のアップや、ピストンのジオメトリー変更による圧縮比の向上、吸排気系の見直しなどを実施。最大出力は605ps/9000rpmへ、35ps引き上げられた。最大トルクは55.1kgm/6000rpmと据え置き。

また、458スペチアーレは458イタリアに対して、軽量化を推進。カーボンファイバー製バケットシートを採用するなどして、車両重量は1290kgと、90kgの軽量化を成し遂げた。パワーウェイトレシオは2.13kg/ps。さらに、アクティブエアロシステムなどにより、空力性能も引き上げられた。7速デュアルクラッチ「F1」トランスミッションは、専用チューンで変速時間を短縮。動力性能は0~100km/h加速3.0秒、最高速325km/hを誇った。

今回、フェラーリが公開したティザーイメージからは、赤いボディカラーに白いレーシングストライプが配された488 GTBの高性能モデルの姿が見て取れる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バフェット氏がIBM株を手放す、レイ・ダリオ氏は日本株をショート...気になる著名投資家の相次ぐ「変化」
全米ライフル協会への優遇打ち切り続々 航空大手ら
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
ワタミ、客離れ終了で完全復活寸前...その「目立たない要因」、鳥貴族と真逆戦略
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加