防衛省、オスプレイ飛行再開容認 豪州墜落事故受け

防衛省、オスプレイ飛行再開容認 豪州墜落事故受け

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

動画を見る(元記事へ)

防衛省はアメリカ海兵隊の新型輸送機「オスプレイ」がオーストラリア沖で墜落した事故を受け、これまで自粛を求めていた飛行再開を容認したことを明らかにしました。

アメリカ軍から報告を受けた防衛省によりますと、事故は海上を移動する艦船にオスプレイが着艦する際、デッキに衝突したということで、乗員26人のうち3人が死亡しました。防衛省はアメリカ軍がオスプレイに機械的、構造的な欠陥はなく、安全な飛行は可能だなどと説明していることを理解できるとし、飛行再開を容認したことを発表しました。引き続き、安全に最大限の配慮をした飛行を求めていくことが妥当だとしています。オスプレイは10日から北海道で行われている日米共同訓練に参加するものとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
池袋駅~品川駅まで7時間?「貨物線」巡る鉄道ツアーが人気殺到でキャンセル6百人待ち
コンビニで女性の首を刺す、殺人未遂容疑で韓国籍の男逮捕
末端ヤクザの悲しすぎる現実「逮捕状が出たら破門...」
唐津の発電所で風車1基燃える
「公妨だ!」警官10人に取り囲まれ、執拗な所持品検査...エンジニア男性が国賠提訴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加